お歳暮にせんべいギフト、おすすめは?おいしい食べ方やアレンジは?

「お歳暮に煎餅(せんべい)を贈りたいんだけど、どれを選べばいいんだろう…」

お歳暮ギフトで人気のせんべい(煎餅)ですが、
実際どの商品を選べばいいのかって悩んでしまいますよね。

そこで今回はお歳暮にせんべいを贈る際のおすすめ商品や
お歳暮で頂いたせんべいをおいしく食べる方法、お歳暮せんべいをアレンジした食べ方について調べてみました。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

お歳暮に煎餅(せんべい)を贈る場合のおすすめ商品は?

お歳暮によく選ばれるせんべいですが、やはり特におすすめできるせんべいは小包装がされているタイプのものです。

なぜなら、一度にたくさん食べたい場合だけでなく少しずつ食べたい時や、お客様にお出しするお茶請けとしても小包装タイプならより便利で残りが湿気にくいからです。

また、少人数のご家族や単身世帯の方に贈るお歳暮にも適しています。

高齢の方のみの世帯、あるいは高齢の方が多いご家族へのお歳暮なら、硬めのせんべいよりも比較的柔らかく食べやすい「かきもち」や「あられ」がおすすめです。

この場合も、小袋包装されているタイプならより良いです。

せんべいメーカーの中には、包装に漫画調・アニメ調のキャラクターをあしらった商品をレパートリーに加えている会社もあります。

これは、描かれたイラストの雰囲気によって小さなお子さんのいるご家庭向きになるタイプの商品もありますし、漫画やアニメの好きな方向きになるタイプもあります。

いわゆるご当地商品も喜ばれる品の一つです。

お歳暮で頂いたせんべいをおいしく食べる方法は?

お歳暮として頂いたせんべいをよりおいしく食べるには、やはり早めに食べることが大切です。

しかし一般に一気にたくさん食べるタイプの菓子ではないですので、美味しさを保つために工夫が必要です。

小包装・小袋包装タイプの場合には、蓋のできる缶入りクッキーなどの空き容器や蓋で密閉できるプラスチックタッパーがあったらできるだけそちらに移し替え、せんべいの箱に乾燥剤が入っていたらそれも同じように移し替えます。

このように紙箱よりも密閉度の高い容器に移し替えると、湿気から守られておいしさが長持ちします。

そして更においしさを長持ちさせたい場合は、冷蔵庫で保管します。

これなら密閉容器に移し替えなくても大丈夫です。ですので、大袋包装タイプのものでも湿気てしまうのを遅らせることができます。

冷蔵庫で保管する場合も、食べ切るまで箱や袋に入っている乾燥剤は捨てない方が良いです。

このように少しの工夫で、お歳暮の時期からずいぶん経ってもおいしく食べることが可能です。

お歳暮で頂いたせんべいをアレンジした食べ方でおすすめは?

とはいえ、お歳暮の時期は冬なのでできればより「体が温まる」食べ物を食べたい方も多いものです。

また、高齢の方でしたら歯が抜けたりなどしてより柔らかいものでないと食べにくいという方も少なくありません。

ですので、こうした場合に食べやすくまた温まる食べ物にアレンジすることもできます。

せんべいを最低でも一口で食べられる程度の大きさに砕いて、茶漬けや炊き込みご飯・チャーハンやピラフの具にしたりもできます。

もう少し細かく砕けば、ご飯用ふりかけにしたりうどんやそばなどの麺類にふりかけることも可能です。

醤油味せんべいや、かきもちがこのアレンジにより向いています。

サラダ味なら、文字通り野菜サラダの具材としてもおすすめです。

これは醤油味などに比べて硬くないため、ある程度砕く際の大きさが大きくても大丈夫です。

スープのクルトンにもなります。

ザラメなどをまぶした甘い味のタイプなら、半口サイズに砕き小さなボウルやマグカップなどに入れて牛乳をかけ、シリアルのように食べるのも一興です。

ドライフルーツを加えても良いです。

お歳暮にこだわり煎餅(せんべい)を贈るなら!

「ちょっとこだわった煎餅をお歳暮で贈りたいんだけど・・」

こんな方には、こちらのギフト用えびせんべいのネット通販サイトがぴったりです。

えびせん家族

お歳暮ギフトにこだわりのおせんべいをお探しの方はよかったらご参考に^^


こんな副業ご存知ですか? 知ってる人はコソッとやってます!

働かなくても気楽に稼げる副業があるのをご存じですか?

それはご自宅でマイペースでのんびり気軽にできる副業なんですね。

もし興味があれば、こちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→人数限定無料メール講座の詳細はこちらから

興味がある方は、この機会を逃さずにチェックしておきましょう^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加