親戚へお歳暮は何を贈ればいい?金額や品物、送り状は?

「親戚へお歳暮を贈りたいんだけど、どうしよう・・」

この時期、親戚へのお歳暮のことで頭を悩ましている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は親戚へお歳暮を贈る際の
お歳暮の金額や人気のお歳暮ギフト、送り状の書き方について調べてみました。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

親戚へお歳暮、金額の相場はいくら?

親戚間でお歳暮の遣り取りをする習慣があるのなら、毎年やり取りは楽しみという人もいればうんざりという人もいるでしょう。

このため、ついついいろいろな配慮をしがちですが、金額はどのくらいが妥当なのでしょう。

まず、親戚間でのやり取りの場合、お歳暮の金額としてはだいたい3000円から5000円程度が相場と言われています。

これはあくまでも親戚の間だけですが、中には世帯やそれぞれやり取りするものの豪華さによってなんとなく相場観が見えている場合もあるでしょう。

大体の相場がしっかりと分かっているような間柄ならばその金額を相場とすることもできます。

ただ、ゴージャスなものではなくそれなりの金額のものをやり取りする、あるいは相場がどのくらいか分からない場合ならば、3000円から5000円の間の品物で十分です。

この価格帯なら取り扱う商品数もとても多くなっていますので、相手の好みに合った品物を送ることもできるでしょう。

親戚へお歳暮、どんな品物が喜ばれる?

親戚間でのお歳暮の場合は、様々な品物をお歳暮にすることができます。

一つは商品券です。特にその地域に根づいている百貨店などがあるならそこの商品券を、あるいは地域性がわからないというのなら全国百貨店共通商品券などでも十分でしょう。

また、クオカードや図書カード、ビール券なども好まれます。
種類が豊富なので、それぞれの家庭で使いそうな商品券なら好まれますが、地域によっては目上の方に対して商品券・金券はNGというところもあります。

もう一つはお菓子やその地域の特産品など、食に関するものです。食べるものは消えるのでいつも好まれますし、何より美味しい物は誰にでも好まれます。

相手方の好みやアレルギーなどに配慮する必要はありますが、地方の美味な食材は嬉しいでしょう。

また、そうではなくても親戚間なのでそれなりに家庭で使うもののほうが好まれることもあります。

例えば洗剤や調味料セット、油などです。
日持ちしますし実用的なもののほうが好み、という人も多いでしょう。

親戚へお歳暮、送り状はどのように書けばいい?

ところで、親戚にお歳暮を贈るのなら同時に送り状も必要です。

というのも、贈る物だけではなくあなたの気持ちや言葉も添えることで、よりいろいろなものが伝わるのです。

文例としては以下の様なものをどうぞ。

「拝啓 年の瀬もいよいよ押し詰まり、何かとご多忙の日々をお過ごしのことと存じます。
おかげまで今年一年、家族みんなで大病もせず穏やかに過ごしております。
さて、先日、心ばかりの品を送らせていただきました。気に入っていただけましたら幸いです。
寒さが厳しくなる頃ですが、どうぞ風邪など召されませんよう。敬具」

親戚間の場合は難しく改まった文章ではなくても、ある程度カジュアルに書くことができます。

また、家族がお世話になったのなら、そのお礼も含めて記入しておきましょう。

ちなみに親戚間で日ごろ付き合いがないのなら近況を少し書いてもいいのかもしれません。

書式はある程度雛形が決まっていますが、写真を添付したりすることもできますね。

ご親戚へのお歳暮でお悩みならこれ!

「親戚へのお歳暮、何を贈ったら喜んでもらえるかな…」

このようにお困りの方は、こちらのこだわりギフトを選んでみてはいかがでしょう。

特選松阪牛専門店/やまと

北海道から産直通販/かにまみれ

愛媛みかん専門店/のま果樹園

ご親戚へのお歳暮ギフト選びでお悩みでしたら
こういった方法もありますので参考にしてみてくださいね^^


こんな副業ご存知ですか? 知ってる人はコソッとやってます!

働かなくても気楽に稼げる副業があるのをご存じですか?

それはご自宅でマイペースでのんびり気軽にできる副業なんですね。

もし興味があれば、こちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→人数限定無料メール講座の詳細はこちらから

興味がある方は、この機会を逃さずにチェックしておきましょう^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加