壬生寺 除夜の鐘!混雑や立ち寄りスポット、ホテル予約は?

京都府の壬生寺(みぶでら) 除夜の鐘の場所や開始時間、鐘をつける人数などの鐘つきに関する情報、
そして、壬生寺周辺でおすすめの立ち寄りスポットや宿泊情報をご紹介します。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

壬生寺除夜の鐘の場所や開始時間、アクセスや駐車場は?

【開始時間】2014/12/31 23時40分~
【鐘つき料】無料
【TEL】075-841-3381
【HP】http://www.mibudera.com/

【住所】京都府京都市中京区坊城通仏光寺北入ル
【壬生寺 除夜の鐘 地図】

【交通アクセス】
 電車:JR京都駅から京都市バス23分、バス停:壬生寺道→徒歩7分

>>壬生寺 詳細な地図や周辺情報はこちら

壬生寺の除夜の鐘、混雑の状況や対策は?

壬生寺は、園城寺(三井寺)の僧快賢が、991年に創建したと言われている、京都にある歴史深いお寺です。

宗派は律宗で、有名な奈良の唐招提寺を総本山としています。

新選組にゆかりの深いお寺と言われており、新選組に所属した数多くの隊士のお墓や、新選組隊長であった近藤勇の像があることでも有名で、新選組ファンにはたまらないお寺となっており、年間を通してたくさんの参拝客が訪れます。

そんな壬生寺の除夜の鐘は、23時40分ごろから始まり、壬生寺貫主が1打目をついたあとは、一般人でも鐘をつくことができます。

10人で1打ち、それが煩悩の数と言われる108打まですることができるということもあり、除夜の鐘が始まるころから徐々に混雑状況が厳しくなっていきます。

また、壬生寺は境内に入るのが無料ということもあり、とても人気のお寺となっていますので、早めに行っておくのが一番の混雑対策です。

あと、当日は先着300名に甘酒が無料でふるまわれるので、寒さ対策もバッチリです。

壬生寺周辺のお食事処や立ち寄りスポットでおすすめは?

壬生寺からほど近い阪急大宮駅周辺は、多くの居酒屋やファーストフード店などで盛り上がっており、いろいろなジャンルのお食事処が揃っています。

もちろん、京都らしいお万歳が楽しめるようなお店もあるので、お正月から贅沢な気分を味わってみるのもいいでしょう。

また、阪急電車に乗れば京都のメインストリートとも言える四条烏丸通りや、四条河原町通り周辺に行くこともできるので、さらに足を伸ばして食事を楽しみたいという方にはおすすめです。

四条通り周辺は京都のメインストリートということもあり、お立ち寄りスポットとしても有名で、少し歩くと商店街の中にお寺がたくさんあったり、昔ながらのお店や市場が残っていたりするので、京都を堪能しながら色々なお寺で初詣をしてみるのも良いですね。

また、壬生寺から少し歩いたところには二条城や浄土真宗の総本山である西本願寺、京都水族館などもあるので、散歩しながら京都の定番観光スポットに行ってみるのもおすすめです。

壬生寺への交通費を安く抑えたいなら!

壬生寺への格安の交通手段をお探しでしたら高速バスがおすすめです。

なので、

「壬生寺往復の交通費をできるだけ浮かせたい!」

という人は、楽天トラベルの高速バスを利用してみてはいかがでしょう。

楽天トラベルの高速バスなら、壬生寺への格安プランが簡単に検索できるので、すごく便利ですよ^^

>>壬生寺 高速バスの予約はこちら

壬生寺の除夜の鐘におすすめの宿泊情報は?

壬生寺周辺には京都の定番観光スポットが揃っているということもあり、ホテルや旅館などの宿泊施設が充実しています。

なので、壬生寺の除夜の鐘を堪能するために、近くで宿をとってもいいでしょう。

また、先ほど紹介したように、阪急電車で河原町駅や烏丸駅まで出ると、メインストリートということもあり、たくさんの宿泊施設が揃っています。

宿泊費用をリーズナブルな価格に抑えたい方は、カプセルホテルやゲストハウスなども充実しているのでおすすめです。

そして、壬生寺からほど近いところにはJR山陰線も走っているので、京都駅まで行くとさらに多くの宿泊施設があります。

なので、京都駅に宿をとり、京都駅を拠点に様々なところに観光に行ってみるのも良いでしょう。

しかし、京都は国内からの観光客のみならず、海外からもたくさんの観光客がいらっしゃいます。

特に、繁忙期は宿泊施設の予約が取りにくいこともありますので、宿泊情報をこまめに確認し、早めに予約するようにしましょう。

>>壬生寺周辺のホテル口コミはこちら

京都府の壬生寺(みぶでら) 除夜の鐘の音と共に素敵な新年をお迎えくださいね^^


こんな副業ご存知ですか? 知ってる人はコソッとやってます!

働かなくても気楽に稼げる副業があるのをご存じですか?

それはご自宅でマイペースでのんびり気軽にできる副業なんですね。

もし興味があれば、こちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→人数限定無料メール講座の詳細はこちらから

興味がある方は、この機会を逃さずにチェックしておきましょう^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加