正月太り解消のストレッチでおすすめの方法は?短期間で痩せるならこれ

「正月太りをストレッチで解消して痩せたいんだけど、短期間で痩せる方法はないかな・・」

この時期、正月太りでお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、正月太りをストレッチで解消したい人必見!
正月太り解消に効果のあるおすすめのストレッチ法を調べてみました。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

正月太り解消ストレッチでおすすめの方法は?(おすすめストレッチ法その1)

正月太りをストレッチで解消するには、新陳代謝とリンパの流れをよくすることがポイントです。

お正月太りの原因は運動不足です。

冬は、寒いため基礎代謝が高くなりますが、その分、身体を動かすことが億劫になるため、消費カロリーよりも吸収カロリーの方が多くなりがちです。

また、正月のおせち料理などは味が濃いものが多く、塩分もとり過ぎてしまうことが多いです。

塩分のとり過ぎは、血行を一時的にですが悪くしてしまい、身体がむくみやすくなります。

そこで、ストレッチを行うことで、基礎代謝を上げることができます。ストレッチなら自宅にいながら短時間で血流改善ができます。

まずは、朝、起きる前に布団の中で背伸びをします。

寝た状態のまま、のびきった状態を30秒キープします。

これを3セット繰り返します。

次に、布団から抜け出したら、肩回りです。

両手をくみ前にのばす、両手をくみ後ろにのばすをそれぞれ30秒間ずつキープします。

布団の中のストレッチと同じように3セット繰り返します。

正月太り解消ストレッチでおすすめの方法は?(おすすめストレッチ法その2)

正月太り解消のストレッチは、こたつの中でもできます。

こたつの中であぐらをかき、後ろに転がって、あお向けになります。

この時、両手は、頭を支えるように頭の後ろに持っていき、腹筋するときの体勢にします。

そして、股関節を大きく開き、気持ち良いところで止めたらリラックスします。

腹筋のように体を起こした方が効果は高いですが、疲れるため、首を曲げずに背中を数センチ浮かせた状態を10秒間キープします。

これだけでも正月太り解消の効果が期待できます。

次に、うつ伏せになって肘をつきます。

顔は上げておきます。

足はつま先だけで支えるようにし、この姿勢を2分から3分キープします。

あお向けに寝ころがって足を床から3センチ程度浮かせた状態で、5秒から10秒キープするのも腹筋と太ももに効果が期待できます。

また、こたつでストレッチをする際には、熱いと思ったらすぐに出ましょう。

こたつの中は高温のため、脱水症状になりやすいです。熱かったら外に出てクールダウンするようにします。

正月太り解消ストレッチでおすすめの方法は?(おすすめストレッチ法その3)

正月太りの原因のひとつには、便秘があります。

なので、腸を動かして、お通じトラブルを解消させることが正月太り解消にもつながります。

まずは、体を側面を左右に倒して伸ばします。

このとき、骨盤を外側へとおしだすようにやると効果的です。

深呼吸にあわせて左右各2回から3回行います。

次に、両手を肩の高さで床と水平にして立ちます。

この状態から身体を前屈させます。

右手は左膝の外側に、左手は右膝の外側に交互に持っていくようにします。

このとき、内ももをしめ、お尻を動かさないように注意します。

上げている腕はしっかりと伸ばすように意識します。

交互に3回から5回を繰り返します。

ストレッチ自体に即効性はありませんが、正月太りを解消させるためには、痩せやすい体質づくりが大切です。

痛いと感じたらやりすぎになるため、無理のない範囲で行うようにします。

お風呂上がりや寝る前に行うことが理想的です。

特に、お風呂上がりは、代謝があがっているためダイエット効果が高くなります。

さらにダイエット効果を高めたいなら
正月太り解消のストレッチにこちらをプラスαするという方法も。

話題のグリーンスムージーで正月太りをダイエット

あの大手ネット通販サイトのダイエット・健康部門でも1位獲得の話題のグリーンスムージーです。

こんな方法ご存知ですか? ひそかに人気です。

働かなくても簡単にお金を稼ぐ方法をご存じですか?
誰にも会わずに自宅で一人で稼げる方法を期間限定でご紹介!

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓
自宅で誰にも会わずにお金を稼ぐ方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加