正月太り対策レシピでおすすめは?手軽でおいしいのはコレ

「おいしくて手軽にできる正月太り対策レシピを知りたいんだけど・・」

この時期、つい食べ過ぎちゃって正月太りに・・
という感じでお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、正月太り対策レシピをお探しの方必見、
正月太り対策にぴったり、効果抜群のおいしくて手軽なおすすめレシピを調べてみました。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

正月太り対策レシピでおすすめは?(おすすめレシピその1)

おせち料理など、味付けが濃いものを多く食べてしまいがちな時期には、薄口で栄養分の高い食材を選んで食べるようにしましょう。

自宅でも取り入れやすく安価で食べられるレシピとして、純和食でもあるホウレンソウや小松菜のお浸し、湯豆腐、納豆などの大豆系などで胃を休ませつつカロリーを控えめにする食事方法を心掛けることで、毎年悩みがちなお正月太り対策ができることでしょう。

砂糖や醤油をたくさん使うことなく、だしやぽんずを使うだけでも十分に味わえて素材自体に脂肪分が少ない食材であることが、おすすめのポイントです。

さらに、このようなホウレンソウや豆腐はいつもよりも茹でる時間を少し長くすると食べやすく、消化吸収も良くなります。

そのため代謝促進や便秘の解消にもつながるので、お正月太りで悩んでいた体をケアすることができるのです。

通常のレシピよりも少し丁寧に茹でて、下味も若干薄い程度のものを副菜として食事に取り入れるだけで、カロリー摂取量が変わってくるのです。

正月太り対策レシピでおすすめは?(おすすめレシピその2)

食事制限をすることなくお正月太り対策をして健康的に痩せたいという人は、主食として満腹になれるうどんがおすすめです。

中でも消化吸収が良いとされる「煮込みうどん」は、鍋に具を入れて柔らかくし、うどん玉を入れてから蓋をしてさらに10分程度中火で煮込むと、柔らかく食べやすい煮込みうどんが完成されます。

味付けも濃くなりすぎないように、味噌や薄口醤油、和風だしなど添加物のないものにすると良いです。

レシピのポイントとしては、具材もできるだけシンプルに、野菜を多めに取り入れて煮込むと消化が良く栄養価も豊富な小松菜や大根などがおすすめで、それ以外だときのこ類を入れても良いでしょう。

卵を入れるときは、味付けされたものではなく、煮込むことでうどんのつゆが浸透される自然な味付けが理想です。

市販されている鍋焼きうどんや煮込みうどんの素は、保存が効くように美味しくても味付けが濃い目であることが多いため、できれば自宅で初めから調理したものを味わったほうがダイエット効果も高くなります。

正月太り対策レシピでおすすめは?(おすすめレシピその3)

お正月は和食をお腹いっぱい食べ過ぎたので、洋食が食べたいけれどカロリーが気になる方へおすすめの「低カロリーハンバーグ」のレシピを紹介します。

お肉は脂肪分の少ない鶏胸肉のミンチを使いますが、ポイントとしては調理前によくたたくことで柔らかくジューシーになります。

具材は玉ねぎのみじん切りと、レンコンのみじん切りを入れることで野菜が豊富にとれるだけでなく歯ごたえもシャキシャキとして美味しく仕上がります。

代謝アップにも良い生姜を少し入れて、焼く前には味噌で味付けをしてタネになじませてから形を作り、フライペンで油をひかずに焼きあげます。

お肉の脂が十分に出るため、フライパンにもあまりくっついたりすることなく調理がしやすいです。

味付けは味噌のみなので、野菜も豊富で低カロリーなハンバーグができ上がります。

お肉も十分に柔らかく具材の歯ごたえも十分にあるため、美味しく食べることができてお正月太り対策にぴったりの一品が完成します。

ダイエットしたいけれど、洋食もがっつり食べたいという方におすすめです。

あと、正月太り対策レシピにこちらをプラスすると正月太りの解消も楽々です。

正月太り対策レシピにグリーンスムージーをプラス

話題のあのグリーンスムージーなので、さらなるダイエット効果も期待できちゃいますね^^


こんな副業ご存知ですか? 知ってる人はコソッとやってます!

働かなくても気楽に稼げる副業があるのをご存じですか?

それはご自宅でマイペースでのんびり気軽にできる副業なんですね。

もし興味があれば、こちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→人数限定無料メール講座の詳細はこちらから

興味がある方は、この機会を逃さずにチェックしておきましょう^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加