正月太り解消!カロリー制限で痩せたい!おすすめ方法と注意点は?

「正月太りをカロリー制限で解消して痩せたい!どんなやり方がいいのかな。。」

この時期、うっかり油断しちゃって正月太りに・・・
という感じでお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、正月太りをカロリー制限で解消してスッキリしたい人必見、
正月太り解消に効果バッチリ!おすすめのカロリー制限法を調べてみました。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

正月太りをカロリー制限で解消したい!おすすめの方法は?

正月太りを引き起こしてしまうのは、正月には普段よりも贅沢なごちそうがたくさん出されます。

これをたくさん食べることにより、いつもよりも多くのカロリーを摂取することになります。

また、正月中は運動量が低下してしまうために、消費カロリーが少ないのです。

この高カロリーの摂取と運動不足により、正月太りが引き起こされてしまうのです。

これを解消するためにおすすめなのが、カロリー制限です。

その中でも短期間で体重を元に戻したい場合に有効であるのが、糖質制限です。

糖質制限は厳密にいえばカロリー制限とは言うことが難しいのですが、短期間で体重を落とす場合には、糖質制限とカロリーの制限を複合させることが有効です。

正月太りは一時的な体重の増加であるために、普通の生活を送っているだけでも、体重は徐々に戻ることになります。

しかし、カロリー制限を行うことにより脂肪を減らすことができ、それに糖質を制限することで、より短期間に体重を戻すことができます。

正月太りの解消にカロリー制限、行う際の注意点は?

正月太りを解消するために、カロリー制限を行う場合には、基礎代謝について考える必要があります。

基礎代謝は生命を維持するために最低でも必要なカロリーの量です。

これより下回ってしまうと、体に十分な栄養が送られることができなくなり、体が省エネモードになります。

そのため、頑張ってカロリーを削ったとしても、体がなるべく脂肪を維持しようとするため、体重を減らすことができないのです。

なので、最低でも基礎代謝分のカロリーを摂取することが必要です。

女性なら約1200kcal、男性なら約1500kcalを一日で摂取することが必要です。

また糖質制限と併用し、カロリー制限を行う場合には、摂取カロリーが少なくなりすぎてしまうことも注意しなければなりません。

糖質の摂取量が減ってしまうと、摂取カロリーが大きく少なくなります。

そのため、お腹一杯になるまで肉や魚などを食べたとしても、意外にカロリーが少なくなってしまい、体が省エネモードになってしまう可能性があるため、基礎代謝分は必ずカロリーを摂取する、ということが注意点です。

正月太りをカロリー制限で解消!でも、こんな人は向いていないかも!?

正月太りをカロリー制限で解消したい場合でも、向いていない人がいます。

それは、「どうしてもご飯を食べたい」という人です。

食事において普段から主食を食べている人は、一時的とはいえ、主食を減らすことを我慢できない場合があります。

その理由は、主食に含まれている糖質は、人間の体のエネルギーとして利用されやすい物質であるからです。

そのため、主食を減らすことにより、体力が低下したり、頭がぼーっとしてしまう場合があるのです。

普段からたくさんの主食を食べている人ほど主食の量を制限すると、いらつきが発生したり、不眠などの症状が出てしまいます。

このような人の場合には、無理にカロリー制限を行ってしまうと、体調を崩してしまうことになります。

普段から主食の量が多い人は、主食の量を減らす糖質制限でのカロリー制限ではなく、脂質の量を減らすようにします。

ドレッシングや油の多い料理を控え、なるべくたんぱくな物を食べることが大切です。

カロリー制限で正月太りを解消するなら、こちらが役立ちます。

正月太り解消はグリーンスムージーで!

話題のグリーンスムージーなので、正月太りをカロリー制限で痩せたいという人にぴったりです^^


こんな副業ご存知ですか? 知ってる人はコソッとやってます!

働かなくても気楽に稼げる副業があるのをご存じですか?

それはご自宅でマイペースでのんびり気軽にできる副業なんですね。

もし興味があれば、こちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→人数限定無料メール講座の詳細はこちらから

興味がある方は、この機会を逃さずにチェックしておきましょう^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加