忘年会の乾杯の挨拶で笑いを取りたい!笑いの取れるスピーチは?

「忘年会の乾杯の挨拶で笑いを取りたいんだけど、何かいい方法はないかな…」

この時期、忘年会の乾杯の挨拶のことで頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は忘年会の乾杯の挨拶をする際の
乾杯の挨拶で笑いを取る方法や笑いを取りにいく上での注意点、笑いを取りにいって万が一スベった場合の対処法について調べてみました。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

忘年会の乾杯の挨拶で笑いを取るにはどうすればいい?

忘年会で乾杯の挨拶をする事になったら誰もが本当に緊張するものです。

複数人で挨拶をする事ができるのであれば、コント形式でちょっとした漫才のような掛け合いをするというのもいいでしょう。テンポよくボケ役とツッコミ役が話を進めて乾杯まで持っていきましょう。

中堅の社員であれば積極的に笑いが取れるようなキーワードを入れていくといいでしょうし、若手社員であればわざと堅苦しいような言葉を繋げて笑ってもらうという手法を取る事もできます。

忘年会ですから、一年の締めとして何人かが挨拶をする事も多いです。
なるべく同じような内容にしたいと思っても、打ち合わせなどがなければ同じような事を言ってしまう場合もあります。

そういう時も焦らずに、うっかりしてしまったというように皆に笑ってもらえるように言葉を付け加えておくといいでしょう。

乾杯の言葉を他の国の言葉に置き換えて皆で一斉にグラスを合わせるのもまた雰囲気が良くなります。

忘年会の乾杯の挨拶、笑いを取りにいく上での注意点は?

忘年会ですから、乾杯の挨拶は非常に重要です。

だからと言って肩の力が入りすぎると声も上手く出なくなってしまって最後まできちんと挨拶が出来ずに出だしのテンポが悪くなってしまいます。

せっかく挨拶をさせてもらえるのですから、他の挨拶をする人の雰囲気も考えながら笑いが取れるようにしっかりと前を見て話しましょう。

注意点としては、恥ずかしがらない事です。
笑いを自分で取るのは難しいし、見られているとそれだけで恥ずかしいという思いで一杯になってしまって、うつむいたりしてしまう事もあります。

そうなってしまうと笑いを取るどころか白けて中途半端なものとなってしまいます。
むしろこういう時にはちょっとしたアクシデントは笑いの元だと思って上手く活用してみて下さい。

自虐ネタの披露の場合は、上司や先輩ではなく自分について話すようにしましょう。

おどおどしたり終始緊張しっぱなしだと、忘年会の場に変な空気が漂ってしまいます。
参加した場を盛り上げようという気持ちで、恥ずかしいけれども頑張ろうと気合を入れればそれも他の社員に伝わるはずです。

CHECK!>>二日酔い対策グッズ人気ランキング TOP30[楽天]

忘年会の乾杯の挨拶、万が一スベった場合はどうする?

乾杯の時にシーンとしてしまって挨拶がスベった場合も気にし過ぎないようにしましょう。

忘年会はこれから始まるので、芸能人やテレビドラマなどの流行語で話題を逸らたりするなどして、さっさと乾杯を終わらせてしまうに限ります。

最初の段階ではお酒はまだ入っていないので白けてしまうとそれだけで冷や汗が出てしまいますが、皆の口にお酒が入ればどんどん気も良くなって目の前の料理やお酒などの事に気も移っていきます。

心配して乾杯のところで止まってしまうと、そこで忘年会も止まってしまいます。スベったとしても、表情と声は明るさを保っておきましょう。

そうすることで次第に他の人も緊張もほぐれてくすっと笑ってくれることでしょう。

乾杯さえしてしまえば後は自分がひたすらお酌をしていくなどして、スベった事など何もなかったように振舞っていくようにすれば、あっという間に忘年会も賑やかな楽しい時間が過ぎていってしまいますから、不安にならなくて大丈夫です^^


こんな副業ご存知ですか? 知ってる人はコソッとやってます!

働かなくても気楽に稼げる副業があるのをご存じですか?

それはご自宅でマイペースでのんびり気軽にできる副業なんですね。

もし興味があれば、こちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→人数限定無料メール講座の詳細はこちらから

興味がある方は、この機会を逃さずにチェックしておきましょう^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加