氷点下の森開催日時やアクセス、ホテル予約は?

氷点下の森でイルミネーションデートをしたい!

そんなあなたのために岐阜県の雪・氷のイルミネーションスポット氷点下の森の開催期間や点灯時間、アクセスなどの詳細、
そして、氷点下の森周辺の立ち寄りスポットやホテル(宿泊)情報をご紹介します。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

氷点下の森の期間や点灯時間、その他詳細は?

【開催期間】2016年1月1日~3月31日
【点灯時間】日没~21時
【開催場所】秋神温泉氷点下の森
【電飾数】白熱灯と電球 合計300個
【料金】無料
【TEL】0577-56-1021
【HP】http://hyotenkanomori.com/

【住所】岐阜県高山市朝日町胡桃島355
【氷点下の森 地図】

【交通アクセス】
 電車:JR高山駅→秋神温泉行きバス1時間、バス停:秋神温泉下車、徒歩すぐ
 クルマ:中部縦貫道高山西ICから国道41・361号経由40km40分
【駐車場】30台、無料

氷点下の森の見所は?

氷点下の森は、氷点下の気温を利用して制作された氷の世界です。

山の上にある旅館の主人が始めたのですが、今では毎年恒例のイベントとして、氷の世界を見たい人がたくさん訪れます。

広大な敷地にホースで水をまくことで、広い範囲に色々な形の氷ができ、その氷が組み合わさって周辺が氷の森のような景色になります。

氷点下の森の見所は、きれいな冷たい川の水を使うことで、氷が青く見えます。

昼間は青く見える氷が、夜になると青、黄、緑の光でライトアップされるところです。毎日水をまくので、氷の形が毎日変化します。

氷の森を見ることができる期間内に氷まつりが開催されます。

その日は氷の森が会場になり、地域伝統芸能やコンサート、地元の人による、とん汁やカレーなどを食べることができるバザー、花火大会などがおこなわれますが、氷まつりの見所は、氷点下の気温の中でシャボン玉を飛ばす凍るシャボン玉です。

氷の森の前でたくさんのシャボン玉が凍っていく様子を見ることができます。

氷点下の森周辺のお食事処や立ち寄りスポットでおすすめは?

氷点下の森周辺のお食事処には、中華料理や日本料理を食べることができる平安楽があります。

肉を使わない野菜中心のベジタリアン料理を食べることができるため、外国人の客が多くくる店です。

Center4 Hamburgersは大人気のハンバーガーの店で、事前に予約をしてから店にくる人がたくさんいます。

トムカフェはスイス人のシェフが作るドライカレーが人気のメニューの店です。

民芸食事 寿々やは民芸調の店内で、郷土料理を食べることができる店です。

氷点下の森周辺の立ち寄りスポットには、古い町並みと呼ばれている区画があります。

その中のさんまち通りは観光客が多くおとずれる観光スポットとされています。

この通りには昔の建物がたくさん立ち並んでいます。

地元の名物であるみたらし団子を売る店がいくつもあるほか、おみやげなどの買い物ができる店や、グルメスポットとしてもたくさんの人がおとずれる場所です。

氷点下の森 交通費を安く抑えたいなら!

氷点下の森への格安の交通手段をお探しでしたら高速バスがおすすめです。

なので、

「氷点下の森往復の交通費をできるだけ浮かせたい!」

という人は、楽天トラベルの高速バスを利用してみてはいかがでしょう。

楽天トラベルの高速バスなら
氷点下の森への格安プランが簡単に検索できるので、すごく便利ですよ。

>>氷点下の森 高速バスの予約はこちら

氷点下の森周辺のホテル予約でおすすめは?

氷点下の森周辺の宿泊施設に秋神温泉旅館があります。

山の上にあるこの旅館では、温泉に入り、山菜料理を食べて、氷点下の森を見学するというプランがあります。

他にも、周辺にはペンションや山荘といった宿泊施設があります。

自然どまん中 星降る宿 塩沢山荘は、自然に囲まれた山荘で、ベルギーのビールが何種類も用意されていて夕食のときに飲むことができます。

また、観光地のためにリゾートホテルがあります。

高山グリーンホテルは敷地内に大きな物産館があることと、レストランが7店舗あることで人気があり、たくさんの人が宿泊する施設です。

ホテル アソシア 高山リゾートは、展望風呂などいくつかの温泉施設が非常に好評な宿泊施設です。

ほかにもホテル予約でおすすめの宿泊施設はたくさんあります。

氷点下の森の会場が山の上であるため、すぐ近くで宿泊するのであれば宿泊施設が多くないため、早くから予約をしておく必要がありますのでご注意くださいね。

>>氷点下の森 周辺のホテル口コミはこちらから

岐阜県 氷点下の森(ひょうてんかのもり)で素敵な雪・氷のイルミネーションデートを楽しんでださいね^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加