忘年会の余興、新人におすすめな3つの出し物をご紹介

「忘年会の余興の出し物で新入社員にピッタリなものってなんだろう・・」

この時期、忘年会の余興の出し物で頭を悩ませている新人さんも多いのではないでしょうか。

そこで今回は
新入社員の方におすすめの余興の出し物を3つご紹介しますのでよかったら参考にしてください。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

新人におすすめの忘年会の余興の出し物は?(その1)

社会人になり、新入社員は忘年会で何か余興や出し物を行うという風習があります。

出し物をするにあたり、参加者が一人の時はダンスがおすすめです。特におすすめなのはJ-POPの曲で知名度が高いものを選ぶと良いです。

あまりマイナーな曲を選択してしまうと知っている人が少なく盛り上がりにかけてしまいます。
知名度が高い曲において、最新の曲過ぎると若者や新入社員同士の受けは良いが年配者や上司は分からないという状況になりかねません。

そのため、若者でも知っているくらいの古い曲か、一年以上前にリリースされた知名度の高い曲を選ぶことが良いとされます。

ダンス自体に関しては、出来るだけ難しい振り付けであると見ている人の興味を引き付けやすいです。

忘年会で求められるのは出し物へのインパクトが割合として高いです。そのためお遊戯程度のダンスでは物足りないという方も多いです。

特別な技術を求められている訳ではなく、そこそこ習得に時間のかかる振り付けを覚えられると気合いや意気込みを伝えることにも繋がるため、おすすめです。

新人におすすめの忘年会の余興の出し物は?(その2)

おすすめの余興として、二つ目に参加者が数人から十人程度の場合、寸劇や舞台のようなストーリー性のある出し物を行ってみても良いです。

個人で行えない分、新入社員の連携も求められるため準備に時間は必要です。
しかしストーリー性のある出し物はなかなか行われることは少なく、インパクトや新鮮さという面でも良いとされます。

余興の中身自体は自由に決めて大丈夫ですが、だらだらとした内容にならないようにしっかりと起承転結を踏まえた上で考える必要があります。

また勢いだけで盛り上げるという内容も1つの手ですが、反応が良いのは体育会系の職場が中心となります。そのため、文化系の職場や年配者が多いときの忘年会では反応が悪い可能性もあります。

理想としてはいろんな動きは取り入れつつ、話術で楽しませることが出来ると良いです。
時々ブラックジョークを挟むというのもありますが、できるだけ新入社員同士の内容にしないとタブーに触れて盛り下がる可能性もあるため注意は必要です。

最後に時間は5分~10分程度を目安に想定しておくと区切り良く終われます。

CHECK!>>忘年会の余興グッズ人気ランキング TOP30[楽天]

新人におすすめの忘年会の余興の出し物は?(その3)

最後に参加者が大人数の場合、これもまたダンスが良いとされます。
大人数で何かを行うときに一人一人に役割が伴うような余興だと大幅に時間を要してしまうという可能性もあります。

また人数が多いほど新入社員同士の連携も求められるため、練習に時間がかかったり誰かが役割を失敗したときの修正が難しくなります。

成功したときの感動は大きいですが、失敗したときのリスクも高いです。加えて行うときにアルコールを飲んでいる人もいる可能性が高いためおすすめしません。

大人数のダンスだと簡単な振り付けでも数の力で何とかなる面もあります。特に失敗したときに数に紛れて目だちにくいというメリットもあります。

加えて内一人~数人でもダンスが達者な人がいれば先頭で機敏に踊って周りを引っ張ることや、やや端の方でオリジナルダンスを踊るなどアドリブを含めて魅せるとうのも良い手です。

最後に新入社員が忘年会で出し物をするのはパワハラという意見もありますが、自分達のことをアピールする場と考えるといいかもしれませんね^^

こんな方法ご存知ですか? ひそかに人気です。

働かなくても簡単にお金を稼ぐ方法をご存じですか?
誰にも会わずに自宅で一人で稼げる方法を期間限定でご紹介!

詳細はこちらから
↓ ↓ ↓
自宅で誰にも会わずにお金を稼ぐ方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加