紀三井寺夜桜ライトアップ!開催日時やアクセス、ホテル予約は?

紀三井寺で夜桜ライトアップのお花見を楽しみたい!

そんなあなたのために和歌山県 紀三井寺(きみいでら)の夜桜ライトアップの開催期間や点灯時間、アクセスや駐車場、
紀三井寺夜桜ライトアップの見所や混雑状況、桜まつり情報、さらに紀三井寺周辺の立ち寄りスポットやホテル(宿泊)情報をご紹介します。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

紀三井寺夜桜ライトアップ!期間や点灯時間、アクセスや駐車場は?

【開催期間】3月下旬~4月上旬
【点灯時間】18時~22時
【開催場所】和歌山県和歌山市 紀三井寺
【料金】大人200円、小人・シニア(70歳以上)100円
【TEL】073-444-1002
【HP】http://www.kimiidera.com/

【住所】和歌山県和歌山市紀三井寺
【紀三井寺 地図】

【交通アクセス】
 電車:JR紀三井寺駅→徒歩15分
 クルマ:阪和道和歌山ICから国道24号、県道145号(宮街道)・135号(国体道路)経由9km30分
【駐車場】30台、300円

>>紀三井寺 詳細な地図や周辺情報はこちら

紀三井寺の夜桜ライトアップ 見所や混雑状況は?

紀三井寺 桜のお花見情報はこんな感じです。

[例年の見ごろ]3月下旬~4月上旬
[本数]約500本
[主な種類]ソメイヨシノ、ヤマザクラほか
[桜祭り]3月下旬~4月下旬

紀三井寺は、770年に中国の唐から来た僧侶の為光上人により創建され十一面観音を本尊とする救世観音宗の総本山です。

山内に湧く吉祥水と清浄水、楊柳水の三井水が紀三井の由来とされ、日本名水百選や日本さくら名所100選に選定されている寺院です。

この寺院は、名草山中腹にあり江戸時代以前より桜の名所として知られており、松尾芭蕉の「見あぐれば桜しもうて紀三井寺」とある程です。

現在では、関西一の早咲きの桜の名所として知られており、ソメイヨシノやヤマザクラなど約500本の桜が咲き乱れ、毎年3月下旬から4月中旬にかけて桜まつりが開催されています。

桜まつりの見所は、開花に合わせて3月下旬から4月上旬にかけて午後6時から午後10時まで行われる夜桜ライトアップです。

混雑状況としては、桜まつりの期間中に約8万人以上の人出があり大変混み合い、寺院の駐車場も30台ほどで周辺にも駐車場がないので、マイカーによる花見はかなりの渋滞が予想されますので、できれば公共交通機関を利用するようにしましょう。

紀三井寺周辺のお食事処や立ち寄りスポットでおすすめは?

紀三井寺周辺の名物は、鯖のなれ寿司や金山寺味噌、和歌山ラーメン、柿の葉寿司、精進料理、みかんなど数多くありますが、雀寿司をおすすめします。

雀寿司は、元々は関西地方では江鮒と呼ばれるボラの幼魚を使っていましたが、現在では小さな鯛を背開きにして鮨飯を詰めた寿司の事であり、形が雀のようにふくれているので雀寿司と呼ばれています。

雀寿司のお食事処としては、角清がおすすめしますが、お持ち帰りなら和歌山駅構内でも販売している明治31年創業の水了軒をおすすめします。

紀三井寺周辺の立ち寄りスポットとしては、日前神宮や國懸神宮、テーマパークなどがある和歌山マリーナシティ、津秦天満宮、和歌山城、観海閣などがあります。

日前神宮と國懸神宮は、紀元前661年に初代神武天皇により創建され、三種の神器の八咫鏡に先立って作られた日像鏡を御霊代とする紀の国一の宮であり、正月三が日には30万人が参拝に訪れています。

和歌山マリーナシティには、魚介類やお食事処が集まる黒潮市場やアトラクションが楽しめるポルトヨーロッパ、ホテルなどがあるリゾート施設です。

紀三井寺の夜桜ライトアップ 交通費を安く抑えたい!

お花見スポット紀三井寺への格安の交通手段をお探しでしたら高速バスがおすすめです。

なので、

「紀三井寺往復の交通費をできるだけ安くしたい!」

という方は、楽天トラベルの高速バスを利用してみてはいかがでしょう。

楽天トラベルの高速バスなら
紀三井寺への格安プランが簡単に検索できてすごく便利ですよ。

>>紀三井寺 高速バスのご予約はこちら

紀三井寺の夜桜ライトアップ ホテル予約でおすすめは?

紀三井寺へは、JR西日本紀勢本線紀三井寺駅より徒歩10分、JR西日本紀勢本線和歌山駅より徒歩16分です。

また、南海和歌山市駅から和歌山バス紀三井寺行きなどで31分です。

紀三井寺の夜桜ライトアップ見学には、JR和歌山駅周辺やJR紀三井寺周辺、南海和歌山市駅周辺、和歌山電鉄貴志川線竈山神社駅周辺の宿泊施設の宿泊予約が便利です。

おすすめの宿泊情報としては、最寄り駅より徒歩5分の花の湯ガーデンホテルはやしや全室和歌の浦がのぞめる和歌の浦木村屋、国民宿舎新和歌ロッジ、和歌の浦静潮苑などの宿泊施設があります。

車によるアクセスは、阪和道からは和歌山ICより南下もしくは海南ICから42号へ出て北上なので、幹線道路沿線や有料道路沿線宿泊施設、周辺の温泉地の宿泊施設の利用もおすすめです。

おすすめの宿泊情報としては、客室から海が見える和歌の浦温泉萬波リゾートや露天風呂からの景色が美しい和歌山加太温泉加太海月などがあります。

>>紀三井寺周辺のホテル口コミはこちら

和歌山県 紀三井寺(きみいでら)の夜桜ライトアップのお花見&桜祭りを楽しんでださいね^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加