忘年会のお酌回りはどうする?タイミングや順番、会話は?

「忘年会でのお酌回り、これってどうすればいいんだろう。。」

この時期、忘年会のお酌回りのことでお悩みの人も多いかもしれませんね。

そこで今回は忘年会のお酌回りでお悩みの方必見、
忘年会でお酌回りをするタイミングや順番、お酌回りの際に役立つ会話などを調べてみました。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

忘年会のお酌回りはどのタイミングで回ればいいの?

忘年会は会社が社員の一年間の労をねぎらうため、また、社員同士の交流を深めるために開かれています。

だったら親しい友人や席が近い先輩とだけ楽しんでいたらいいなんて思っていたら間違いです。

忘年会に呼んでもらえたということは社員として認めてもらっているということになります。

忘年会へ呼んでいただいたお礼や、会社で働かせてもらっている感謝の気持ちを込めて、役職のある人へお酌をするようにしましょう。

役職上位の人から順番にお酌回りをするのがいいですが、宴会が始まってすぐにお酌へ行くのは落ち着きがありません。

また、周囲が緊張もしていて空気も固いものです。

少しお料理をいただいて、一息ついて会話が盛り上がり始めた頃に回るのが一番いいタイミングです。

でも、社長や部長の前にはもうすでに人だかりができていて割り込めない、そんな時は無理に割り込まなくても大丈夫です。

「ご挨拶が遅くなって申し訳ありません。」と一言つけて後でお酌へ行けば大丈夫です。

落ち着いたタイミングでお酌したほうが印象が良くなる場合もあります。

忘年会のお酌回り、役職者の座席がバラバラ!どの順番で回る?

最近の忘年会はくじ引きで席を決めたりして、必ずしも役職者の席が上座にあるとは限りません。

役職者がばらばらということは、社員同士の交流や情報交換の場にしたいという会社側の配慮でもあります。

社長は一番のほうがいいですが、あまり役職の順番を意識しなくてもいいでしょう。

近くにいる役職の人へ行くほうが自然で落ち着いた状態で移動もできて自分も楽しめますが、逆に、役職順を意識しすぎるとあちこち動き回ることになります。

お酒を飲んでいたらふらついたり、周囲への気配りがおろそかになったりしてぶつかったりする原因にもなりますので、かえって危険になります。

そうなれば、周りの人への迷惑になり、せっかく盛り上がっていた忘年会が一気に冷めてしまうことになりかねません。

お酌回りは大切ですが、せっかく会社が社員のために設定してくれた忘年会です。

あまり固く考えすぎず自分のペースでお酌回りしましょう。

ただし、宴会終了間際に行くというのは他で盛り上がりすぎてお酌を忘れていたような感じになります。

宴会はだいたい2時間で終了することが多いので、時間に余裕をもってお酌回りをしてください。

CHECK!>>二日酔い対策グッズ人気ランキング TOP30[楽天]

忘年会のお酌回り、会話が苦手な場合はどうすればいい?

役職のある人とあまり話したことないし、話すのが苦手だという人は笑顔だけは忘れてはいけません。

緊張するのはわかりますが、硬い表情でお酌に来られても、相手もどんな会話をしていいのか困るでしょう。

笑顔でいれば相手に気持ちは伝わりますし、お酌回りのマナーを知っているということが大切です。

緊張して言葉に詰まるなら「緊張してしまってすみません。」とはっきり言っても大丈夫です。

役職のある人もそういう固い席ではないと分かっていますから、笑ってながしてもらえるでしょう。

一人でお酌へ行けないというのなら、職場で仲のいい人と一緒に行くのもありです。

役職のある人だって、一人一人全員から改まってお酌されると疲れます。

仲のいいメンバーの集まりでみんながリラックスした状態で話しかけてもらえる方が会話も盛り上がります。

せっかくの忘年会です。あまりかしこまらず、自分がリラックスして会話ができるそんな状態でお酌回りしてください。


こんな副業ご存知ですか? 知ってる人はコソッとやってます!

働かなくても気楽に稼げる副業があるのをご存じですか?

それはご自宅でマイペースでのんびり気軽にできる副業なんですね。

もし興味があれば、こちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→人数限定無料メール講座の詳細はこちらから

興味がある方は、この機会を逃さずにチェックしておきましょう^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加