忘年会で失敗しないお酒の飲み方!飲酒前、飲酒中、飲酒後

「忘年会のお酒で失敗したくない!お酒で失敗しないためにはどうすればいいの?」

という感じで、この時期は忘年会のお酒のことで頭を悩ませている人も多いかもしれませんね。

そこで今回は、忘年会のお酒で失敗したくない人必見、
忘年会のお酒で失敗しないために飲酒前、飲酒中、飲酒後に気をつけたいことを調べてみました。


今だけ限定セール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

忘年会で失敗しないお酒の飲み方!飲酒前にやるべきことは?

忘年会前は体調を整えましょう。

疲労がたまっていたり具合が悪いとアルコールがなかなか抜けず、二日酔いになりやすいです。

特に女性は生理前だとアルコールの分解速度が下がるので気をつけましょう。

また、空腹時にお酒を大量に摂取する飲み方をしてしまうと、アルコールがダイレクトに吸収されてしまうので、最初からすぐに酔いが回ってしまいます。

次の日にもお酒が残り二日酔いになってしまいます。

小腹がすいているのであれば、忘年会の1〜2時間前に牛乳、チーズ、ヨーグルトなどを摂っておくと、胃に粘膜ができ、アルコールの吸収が穏やかになります。

梅干しやお酢、オレンジなどの柑橘系の果物もおすすめです。肝臓機能を高める効果があります。

あとはやはり、飲酒前に二日酔い防止のドリンクを飲む事が良いでしょう。

ウコンやヘパリーゼが効くと言われています。

飲んでから効き始めるまで時間がかかるので、忘年会前のだいだい30分程前に摂取すると良いでしょう。

忘年会で失敗しないお酒の飲み方!飲酒中に気をつけることは?

忘年会、ついつい飲み過ぎてしまう事もあるかもしれませんが、大量に飲んだり、いっきにお酒を摂取するという飲み方はやめましょう。

急性アルコール中毒の危険性があります。

日本人の40%がお酒に弱く、4%はお酒を飲めません。

つまり2人に1人はお酒が弱いということです。

自分にあった無理のない量と飲み方を心がけることが必要です。

また、飲酒中は同時に沢山の水を飲みましょう。

アルコールによる胃への刺激を和らげ、酔いが回る速度を緩やかにし深酔いしにくくなるという効果があります。

目安としては最低でも飲んだお酒の同量以上はお水を飲むこと。

上手な飲み方が大切です。おつまみも、悪酔いしないために大切な要素です。

レバーや豆腐などの大豆製品。納豆やオクラなどのネバネバ系など、悪酔いや二日酔い防止に効果的なのでおすすめです。

また、発泡酒系のアルコール類はなるべく避けましょう。

ビールやシャンパン、スパークリングワインなどは炭酸が含まれているので腸からアルコールが吸収されやすく控えた方が良いと言われています。

二日酔い対策には焼酎や白ワイン、ウォッカなどがおすすめです。

CHECK!>>二日酔い対策グッズ人気ランキング TOP30[楽天]

忘年会で失敗しないお酒の飲み方!飲酒後に気をつけることは?

忘年会の後はお酒を摂取しているので十分な水分補給が大切です。

飲酒後は体内にまだ分解されてないアルコールが残っています。

アルコールを分解するには体内の水分が必要なので水を取り入れることが重要です。

スポーツドリンクの方が水よりも水分や糖分を摂取できるので効果的です。

また、冷たい物より常温の方が水分の吸収が早いのでおすすめです。

後は、睡眠時間をたっぷりととりましょう。

アルコールを処理し、二日酔いにならないためには忘年会が終わったら夜更かしせずにたっぷり寝る事が一番です。

やってはいけない事もあります。熱いお風呂に長時間入ることはかなり危険です。

アルコールを分解するには大量の水分が必要です。

酔った状態でお風呂に入ると、アルコールで血行がよくなっているため大量の汗をかき脱水症状につながり、肝臓でアルコールを分解ができなくなります。

また、アルコールを大量に摂取した飲み方をした場合は血行がよくなりさらに酔いが回りやすく、転倒など怪我の恐れもありますので入浴は絶対に控えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加