クリスマスチキンの温め方は?フライパン、オーブン、レンジでおいしくする方法

「買ってきたクリスマスチキンを温めたいんだけど・・」
「チキンをおいしく温める方法ってどうすればいいの?」

このようにお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、以下の3つの調理器具

フライパン、オーブン、電子レンジ

を使ってクリスマスチキンをおいしく温める方法について調べてみました。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

クリスマスチキンのおいしい温め方 フライパンではどうすればいいの?

デパ地下などで買ってきた、せっかくのクリスマスチキンも、冷たいのであれば、美味しさも半減ですよね。

もし、自宅にオーブンや電子レンジがない場合には、フライパンでの温め方もあります。

フライパンで温めるときには、オーブンや電子レンジと比べると、中身まで温めるのに時間がかかってしまうこともあるので、注意が必要です。

しっかりと中まで熱を通すには、アルミホイルで包むことが大切です。

できれば、フライパン調理用のアルミホイルというものが市販されていますので、それを使うと良いでしょう。

通常のアルミホイルに包んで、フライパンにのせると、どうしても、熱していくうちに、アルミホイルにチキンがくっついてしまって、せっかく美味しい部分が剥がれてしまうという可能性もあります。

専用のアルミホイルは、特殊なコーティングがされているので、チキンがくっつくことがありません。

もし、専用のものが無い場合には、アルミホイルの内側にオイルを塗っておくと良いでしょう。

クリスマスチキンのおいしい温め方 オーブンではどうすればいいの?

冷えてしまったクリスマスチキンを、作り立てのように美味しく温めるには、オーブンでの温め方が一番適しているかもしれません。

オーブンでは、クリスマスチキンの中身までしっかり熱を通すことができると同時に、表面をパリッと焼き上げることも可能だからです。

でも、そのままクリスマスチキンを入れてスイッチを押すだけでは、まず、外側だけが熱せられてしまうので、まずは、アルミホイルで全体を包んで温めるようにすることが大切です。

もしくは、チキンの上にアルミホイルをかぶせるようにしても良いでしょう。

やはり、アルミホイルにせっかくのチキンがくっついてしまうことになりますから、専用のアルミホイルを使うか、オイルを薄く塗っておくことが大切です。

そして、ある程度、チキンに熱が通ったら、アルミホイルを外して、再び、加熱します。

そうすることで、中身までしっかりと熱が通り、表面がこんがりとしたチキンに仕上げることができるでしょう。

CHECK!>>クリスマスチキン予約 人気ランキング[楽天]

クリスマスチキンのおいしい温め方 電子レンジではどうすればいいの?

冷たくなってしまったクリスマスチキンを、一番、短時間で温める方法としては、電子レンジが適しているかもしれません。

電子レンジでの温め方で、気を付けなければならないのは、温める時間です。

機種によって、違いがあるのですが、クリスマスチキンを大きなお皿にのせた状態で温めると、意外と温まらないことも多いので、注意が必要です。

また、下の方から温まっていくという性質があるので、中身までしっかりと熱を通すには、ラップをかけておいた方が良いでしょう。

あまり長時間になりすぎないように注意しながら、最後の1分ほどは、ラップを外した状態で再度加熱すると、余分な水分が蒸発されて、美味しく食べられるでしょう。

どうしても、パリッとした食感は無くなってしまいますが、焦げてしまうような心配もそれほどないですし、火を使わなくても温めることができるので、小さいお子さんでも手軽に、温かいクリスマスチキンを食べることができることでしょう。


こんな副業ご存知ですか? 知ってる人はコソッとやってます!

働かなくても気楽に稼げる副業があるのをご存じですか?

それはご自宅でマイペースでのんびり気軽にできる副業なんですね。

もし興味があれば、こちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→人数限定無料メール講座の詳細はこちらから

興味がある方は、この機会を逃さずにチェックしておきましょう^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加