忘年会の挨拶/順番は?誰に頼む?注意点は?

「忘年会の挨拶をお願いしないといけないんだけど、誰にどう頼めばいいの?」

この時期、忘年会の挨拶のことで頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は忘年会の挨拶をお願いする際の
挨拶をする順番、誰に頼むべきか、挨拶での注意点について調べてみました。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

忘年会の基本的な挨拶(開宴~締め)の順番とポイントは?

忘年会には基本的に慣れ親しんだ顔見知り同士が集まります。

1年間のお疲れ様会と言う位置づけの忘年会、より会を盛り上げるためにも、開宴の挨拶や締めの言葉など、ある程度の順番を守って終始和やかなムードを演出するのも大切です。

忘年会には必ず仕切り役の「幹事」がいます。この担当者は誰が担っても良いのですが、1人では荷が重いので周囲の人は協力する必要があります。

忘年会当日は幹事から最初に集まってもらった事へのお礼の言葉があり、そのグループを代表する人の挨拶、そして乾杯の音頭を取る人の合図という流れで宴会がスタートします。

乾杯後は各々が自由に食事と話に花を咲かせて、1~2時間過ぎた頃余興が入り、平均して3時間程度で締めの挨拶という順番になります。

全ての仕切り役は幹事の担当なので、出席者は宴会中、幹事の指示に従う事がマナーです。

支払方法や金額については、それぞれの幹事によって事前に集金したり、当日集金したりと様々です。

忘年会の各挨拶、それぞれ誰にお願いするべき?

忘年会には一連の流れがあり、それぞれで挨拶する人物が存在する事は分かりました。

では、一体誰にお願いすれば良いのでしょうか。

幹事はあくまで司会進行役、冒頭の挨拶はそのグループの一番立場の偉い人というのが基本です。

グループの「長」からしても、部下達に一年間の労いの言葉を掛け、感謝の気持ちを述べる唯一の場でもあります。

一般的に目の前に美味しい食事が用意されている状態での挨拶なので、長くなく、重要ポイントだけを短く発言して宴会をスタートします。

この後に次ぐ乾杯の音頭は、別の人に事前に依頼しておきます。突然その場で依頼する事もありますが、誰も急には上手に話せません、予め誰かに依頼しておくのが通例です。


楽天おすすめアイテムを今すぐチェック!
↓ ↓ ↓

締めの挨拶も同様です。これは一番立場の偉い人ではなく、2番手位のやはり年配の方に依頼するのが良いでしょう。あまり新人が最後の言葉を述べても重みがありません。

「来年も頑張りましょう」「気を付けてお帰りください」などの言葉掛けは幹事が行っても良いでしょう。

CHECK!>>二日酔い対策グッズ人気ランキング TOP30[楽天]

忘年会の挨拶で気をつける点は?

忘年会の挨拶における注意点はただ1つ「雰囲気」を乱さない事です。

誰もが楽しくリラックスした宴会を想像して集まる中、会社での日頃の行いに対する愚痴や説教などを長々と話しては、折角の宴会も全く楽しくありません。

普の失敗やミスは置いておく、これがマナーでもあり優しさです。

逆に人を褒める事は良いでしょう。
「〇〇さんのこのような功績のお蔭で、今年はこのプロジェクトが成功しました。」

などのように個人名を出しても良いですが、なるべく個人的な感情や意見は控えた方が角が立ちません。

みんな一緒に今年一年無事に終了した事とお疲れ様を祝う会が忘年会です。1人だけ褒められても居心地が悪いかも知れません。

明るく楽しく盛り上がれる事、これが一番の理想です。美味しいお酒を飲みかわす為にも雰囲気を壊すような発言は慎みましょう。

「この仲間で来年も頑張るぞ!」そんな風に参加者全員が思って家路につけば大成功の忘年会です。

もし、何かの担当者を任されたら事前に準備をしっかりして当日はみんなで楽しみましょう。


こんな副業ご存知ですか? 知ってる人はコソッとやってます!

働かなくても気楽に稼げる副業があるのをご存じですか?

それはご自宅でマイペースでのんびり気軽にできる副業なんですね。

もし興味があれば、こちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→人数限定無料メール講座の詳細はこちらから

興味がある方は、この機会を逃さずにチェックしておきましょう^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加