忘年会の挨拶を新人の自分に頼まれた!新人らしい挨拶はどうすればいい?

「新人なのに忘年会の挨拶を頼まれたんだけど、どうしよう・・」

忘年会の挨拶のことで頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は新人が忘年会の挨拶を行う際の
新人らしい挨拶のやり方、挨拶の例文、新人が忘年会の挨拶を行う際の注意点について調べてみました。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

新人が忘年会の挨拶をする場合、どんな感じでやればいい?

忘年会となれば新人であっても指名されれば挨拶をする事になります。

やり方も分からないかもしれませんが、先輩や上司に聞いてみたりするのもいいですし、自分でも調べてみましょう。

気をつけたい事はたくさんありますが、会社によっては挨拶が恒例化している場合もあるので、内容が固すぎると白けさせてしまう可能性もあります。

ですが、新人という立場上、あまりりくだけすぎた表現を使うのも避けるべきです。
自分自身をお披露目させてもらういい機会と思って、忘年会では感謝の気持ちを念頭に置いた上で礼儀を忘れないようにしましょう。

どんな人でも大勢の前に出ると緊張するものですが、それも逆手に取って挨拶の中に組み込んでしまうのもいいでしょう。

初々しさや爽やかさを演出しつつ、これからも頑張る気持ちでしっかりと声が届くようにはきはきと喋るようにしてみてください。

それだけでも印象が随分と変わりますので、他の人たちからも好感を持ってもらえますよ。

忘年会の挨拶、新人らしい挨拶の例文は?

挨拶のために忘年会に合った文章を事前に考えておくと、当日慌てずに済みます。

人によってはアドリブで何とかなるだろうと思って挑んでも、結局言葉が上手く出てこなくて失敗してしまったということも少なくありません。

例文もたくさんありますから、それらを参考にして新人らしい謙虚な文章を考えていきましょう。


楽天おすすめアイテムを今すぐチェック!
↓ ↓ ↓

まず導入としては、新人社員の何某ですと名前を名乗ります。

いろんな部や課も集まっている時には所属している部署も合わせて名乗ると分かりやすいです。

それから集まってくれた人に、忘年会の参加のお礼を述べ、今年一年お世話になったことを改めて感謝を述べていきます。

忘年会そのものの振舞い方や、今後の業務についても指導をお願いしますというように文章を続けて、再度よろしくお願いしますというように締めていきましょう。

挨拶と言ってもどこまで話せばいいのかと思いますが、社長など上の立場でもありませんから、程よい短さでさっと切り上げて次へと進めていきましょう。

忘年会の挨拶を新人がする場合の注意点は?

忘年会は無礼講と言われることが多いですが、幾つか注意点があります。

遠慮はしなくていいと言われたとしても新人の挨拶や振る舞いなどが実際に無礼なものであれば、自分への心象や評価は下がると思っておきましょう。

笑いを取るべきなのかどうしたらいいのか迷う所もありすが、余り狙いすぎると受けないことも多いですし、下品なネタなどは避けてちょっと自分がドジをするぐらいが可愛げがあるように見てもらえます。

緊張している事も多いですから、周りを見る余裕も中々ないかもしれませんが、できる限り笑顔を浮かべてみてください。意識をしておくと段々と余裕も出てきますから、自然な笑顔で話すことができます。

姿勢もよく真っ直ぐ背中を伸ばしてみると、それだけでも好印象になります。

失敗をしたくないと思う新人が多いですが、失敗が許されるのは今の時期だけです。先輩や上司の胸を借りる気持ちで、しっかりと日頃の感謝を忘れず挨拶を頑張ってみてください。

宴席対策サプリ!酒豪の極 泉


こんな副業ご存知ですか? 知ってる人はコソッとやってます!

働かなくても気楽に稼げる副業があるのをご存じですか?

それはご自宅でマイペースでのんびり気軽にできる副業なんですね。

もし興味があれば、こちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→人数限定無料メール講座の詳細はこちらから

興味がある方は、この機会を逃さずにチェックしておきましょう^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加