忘年会の服装、男性は何を着る?マナーやNGファッションは?

「忘年会の服装って、男性の場合は何を着て行けばいいのかな…」

このように忘年会に着ていく服装のことでお悩みの男性も多いかもしれませんね。

そこで今回は忘年会の男性の服装に関して
おすすめコーデ、忘年会での男性の服装マナー、NGファッションについて調べてみました。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

忘年会の服装で男性におすすめは?

12月に入ってから、この1年間お疲れ様という気持ちとお互いの感謝を込めて、会社や仲良しグループで一緒に飲んだり食べたりして、楽しく過ごす時間を忘年会と呼びます。

仲良しグループなら問題ありませんが、会社や地域の人が集まる忘年会では、会社の上司から新入社員、地域の地区会長から今年引っ越して来た人まで、実に様々な立場の人が集まります。

誰が見ても気持ちの良い、爽やかな印象を与える服装で出席する事が男性も大切な気配りの1つです。

女性はお洒落に興味のある人が多く、忘年会のような場に出席する時の定番の服装がありますが、服装に無頓着な男性は悩む人も多いでしょう。

そこで男性におすすめな服装は、力を入れ過ぎない日曜日のお出かけスタイルです。

忘年会にスーツで出席すると少し堅苦しい、ジャージで出席するとだらしない印象になります。日曜日に家族と動物園や街中に買い物に出掛ける時の服装が理想的です。

忘年会は寒い時期なので、品の良いコートやジャンパーなどの上着でお洒落に差をつけてもいいでしょう。

無難なモテ服をマネキン買いできる通販サイト

忘年会での男性の服装にマナーはあるの?

基本的に男性の服装に決まったマナーはありません。

忘年会とは1年間のお疲れ様会、結婚式やお葬式の様に伝統や文化を大切にする儀式ではありません。

楽しく賑やかに宴会をするのが目的です。
つまり、動き易くて食べやすく、暑くなったら1枚上着を脱ぐ事もできるような柔軟性のある着こなしがマナーと言えます。


楽天おすすめアイテムを今すぐチェック!
↓ ↓ ↓

周囲の人が気を遣う程高級なブランド洋服を着用したり、飲み物をグラスに注ぐ事も難しい程動きにくい洋服では、楽しい忘年会になりません。

自分が楽しめる服装で、周囲の人に気遣いをさせないというマナーがあると言えます。

比較的狭い場所での忘年会が多いので、毛羽経つセーターや、場所を取る大きなカバンを持ち込むのもマナーに反する行為です。

ネクタイや名刺などの仕事で必要とされるアイテムより、上司や部下に恥ずかしくない態度で話す事ができるスタイルを意識するといいでしょう。

暑くなって肌着になるような恥ずかしい事にならないためにも、快適素材のシャツを着用するなどの目に見えないアイデアも大切です。

写真をとってメールで送るだけ、あなたのブランド品をすぐに査定

忘年会の男性の服装でNGファッションは?

忘年会で男性の服装でNGファッションとされるのは、こうしたスタイルという決まりがある訳ではありません。

一緒に忘年会に参加した人が、不愉快ないをしなければ問題ないのです。

つまり、ヨレヨレの汚れたシャツや、穴の開いた靴下(忘年会の会場は畳の場所も多く、靴を脱ぐケースもあります)、自宅でくつろぐ時のジャージやスウェットなどはNGファッションです。

普段決められた制服やスーツで参加すると、リラックス出来ないと言う理由から、殆どの忘年会で私服参加を求められます。

初めて参加する人や洋服に無頓着な人は、1年の締めくくりを気持ち良く過ごす為にも早目に準備(参加する時の着用する洋服を決めておく)と安心です。

おしゃれや目立つファッションより、清潔感と爽やかさを意識して選ぶと間違いありません。おしゃれをする場所ではないので、暑くても対応できる機能性も兼ねたスタイルで参加しましょう。

男性の場合は荷物をなるべくコンパクトにすると現地でスムーズに移動できて便利です。


こんな副業ご存知ですか? 知ってる人はコソッとやってます!

働かなくても気楽に稼げる副業があるのをご存じですか?

それはご自宅でマイペースでのんびり気軽にできる副業なんですね。

もし興味があれば、こちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→人数限定無料メール講座の詳細はこちらから

興味がある方は、この機会を逃さずにチェックしておきましょう^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加