忘年会でのお酌のマナー!する場合と受ける場合、NGは?

「忘年会でのお酌のマナー、全然わからないんだけどどうしよう。。」

この時期、忘年会のお酌のマナーのことでお悩みの方も多いかもしれませんね。

そこで今回は、忘年会のお酌のマナーでお悩みの方必見、
忘年会でお酌をする場合、お酌を受ける場合、お酌でやってはいけないNGマナーについて調べてみました。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

忘年会でお酌をする場合のマナーは?

年末になると忘年会に参加する機会が増えます。

そこで気がかりなのがお酌です。

お酌は基本的には目下の人から目上の人、女性から男性、年少者から年長者へという形式になりますが、基本的なマナーがありますので注意しましょう。

まず、回る時は一番上座に座っている人や主賓の人から回る様にしましょう。

しかし、主賓席は他の人も来るので混んでいる可能性もあります。

そういった場合には少し時間をずらすか、次席の人の所へ先に行くなどその場の状況に合わせる事も大切です。

また自分の席にあるビールなどを持ってその人の席へ行く方がいますが、基本的には手ぶらで出かけ、その人の席に置いてあるビールや日本酒などを注ぐ様にします。

その人が今飲んでいる物を注ぐという心配りが大切です。

ビールを注ぐ時は、ラベルを上にして片手で瓶を持ち、もう片手で瓶の底を押さえる様にしてグラスに注ぎます。

泡の量が丁度良くなる様に加減をして注ぐ様にしましょう。

片手で注ぐことはNGマナーとなりますので注意しましょう。

忘年会でお酌を受ける場合のマナーは?

忘年会ではお酌を受けることもあります。

忘年会という特別な席だからこそ、目上の方からお酌をしていただける貴重な機会ですが、ここにもマナーがあります。

まず、お酒を勧められたらお酒が全く飲めないという人意外は断る事はNGマナーです。

たとえ少量でもいただくようにしましょう。

全くお酒が飲めない人はお酒の代わりのお茶を注いでもらうという事で代用してもいいでしょう。

グラスにお酒が残っている場合には、飲める量でしたら飲み干して空のグラスを差し出す方がいいですが、無理に空にする必要はありませんので少し飲んでからグラスを差し出すようにします。

お酒を注いでいただいたら必ず口をつけるようにしましょう。

飲む量は少量でも結構ですが、口を付けずにグラスを置くことは失礼に当たりますので注意しましょう。

忘年会では多くの人とお酌のやりとりをしますので、自分が飲む量を調整しながら回る事はとても大切です。

最初から飲みすぎてしまうとお酒に飲まれてしまいますので、気をつけましょう。

CHECK!>>二日酔い対策グッズ人気ランキング TOP30[楽天]

忘年会のお酌でやってはいけないNGマナーは?

忘年会でのお酌のきちんとマナーを守って回ればお互いに気持ちのいいものですが、NGマナーを知らずにいると相手に不愉快な思いをさせてしまう事もあります。

まずは、自分よりも目上の方がいる場合には先にお酌をしにいくようにしましょう。

まれに目上の方の方が気を利かして先に酒を注ぎに来てくれる事がありますが、これはNGマナーです。

そして忘年会は一年を労う会ですので、この席で上司に愚痴を言ったり、部下に説教をするのは辞めましょう。

折角のお酒も不味く感じてしまいますし、お酒の勢いに任せてそういった事を口にするのは好ましくありません。

お酌で席を回る時には一年の感謝の気持ちと来年もよろしくお願いしますという気持ちを伝え、仕事の話をする時も前向きな事を中心に会話をしてお酒が美味しく飲める様にする事はとても大切です。

また、お酒を飲みすぎて人に絡んだり、悪酔いしてしまうとその場の雰囲気も悪くなってしまうので、みんなが楽しく飲んでいる雰囲気を壊さないようにしましょう。


こんな副業ご存知ですか? 知ってる人はコソッとやってます!

働かなくても気楽に稼げる副業があるのをご存じですか?

それはご自宅でマイペースでのんびり気軽にできる副業なんですね。

もし興味があれば、こちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→【人数限定】無料メール講座のご登録はこちらから

興味がある方は、この機会を逃さずにチェックしておきましょう^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加