忘年会のお酒対策、悪酔い防止に有効な食事や乳製品は?

「忘年会のお酒対策で、翌日の悪酔い防止できるものを探しているんだけど・・」

この時期、忘年会のお酒対策のことでお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、忘年会のお酒対策をお探しの方必見!
忘年会での悪酔い防止に効果のある食事や乳製品について調べてみました。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

忘年会のお酒対策に有効な飲む前に食べたい食事は?

忘年会のお酒対策として事前に摂っておきたい食事には、タンパク質を多く含んだ食事が適しています。

例えば枝豆や焼き鳥、刺身、卵料理などです。

これらの料理に含まれているタンパク質は、肝臓の働きをしっかりと助けてくれるので、飲酒中も本来の機能がきちんと働いてくれます。

これによって悪酔いや二日酔いを防止する効果があります。

このことはラットを使った動物実験でも結果が出ており、高タンパク質のエサを与えたラットには、血液中に二日酔いの原因とされる有害物質のアセトアルデヒトの量が増えにくいという結果が出ています。

このことから、よくお酒のおつまみに枝豆や焼き鳥を食べることは理にかなっているということです。

さらに、魚介類(シジミ・ホタテ・タコ・イカなど)には、タンパク質の他にタウリンという成分が含まれています。

このタウリンには、アルコールの分解に重要な胆汁の分泌を促進させたり、アルコール代謝に必要な酵素作用を助けたり、また肝細胞の再生にも大きな働きをします。

例えばシジミを使ったお味噌汁を飲むと、しじみのタウリンとみそのタンパク質が一緒に摂れるので、忘年会のお酒対策には効果的にな食事とも言えます。

忘年会のお酒対策に有効な飲む前に摂りたい乳製品は?

忘年会のお酒対策として飲む前に摂っておきたい乳製品は、脂肪分の多いチーズなどが有効です。

脂肪は胃の粘膜を保護する効果があるため、お酒を飲む前に食べておくことで、アルコールで胃壁が荒れてしまうのを避けることができます。

また、牛乳を飲むと胃壁に膜ができてアルコールの吸収率を抑えられると言われていますが、これは少し違っていて、牛乳の分子よりもアルコールの分子の方が小さいので、いくら牛乳を飲んでも隙間からアルコールは吸収されてしまうのです。

従って、牛乳は膜を作ってアルコール吸収を抑えるのではなく、胃の粘膜を保護して胃が荒れることを和らげてくれるということです。

忘年会などのたくさんの量のお酒を飲むことが多い時には、チーズ入りのサラダや、レーズンバターなどを摂取しておくと効果的です。

他にも良質な脂肪分が多く含まれるものにナッツがあり、乳製品とナッツを使った食べ物を摂っておくのも更に行が期待できるので、おすすめです。

CHECK!>>二日酔い対策グッズ人気ランキング TOP30[楽天]

忘年会のお酒対策、やはり飲酒前にはウコンが有効?

忘年会のお酒対策に有効とされている「ウコン」です。

では、これは飲酒前が有効のでしょうか。

ウコンにはクルクミンという成分が含まれており、このクルクミンが体内で吸収されると胆汁の分泌を促して肝機能の働きをサポートします。

これによってアルコールが肝臓で分解されやすくなります。

ウコンは食前でも食後でも効果はありますが、よりその効果を高めるためには、を胃で消化させて腸の中で吸収させておく必要があります。

そのためには、胃の中に食べ物が入る前の方が有効です。

従って、忘年会などの大量のお酒を飲む機会が多い時には、食前の方がその効果をより高く得ることができます。

また、ウコンを食後に飲むと他の作用である胃の消化を助ける効果が働いて、空腹感が感じられることもあります。

そのため、大量の飲食をした後にまた更に食事をしてしまうといったことにもつながりかねないので、ダイエットの面から考えると良くないので、できれば食前に飲んでおくことが良いでしょう。


こんな副業ご存知ですか? 知ってる人はコソッとやってます!

働かなくても気楽に稼げる副業があるのをご存じですか?

それはご自宅でマイペースでのんびり気軽にできる副業なんですね。

もし興味があれば、こちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→【人数限定】無料メール講座のご登録はこちらから

興味がある方は、この機会を逃さずにチェックしておきましょう^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加