忘年会ではお酒は飲むべき?上手な断り方、やり過ごし方は?

「忘年会でのお酒、お酒が苦手なんだけど、飲まないのはさすがにマズイかな・・?」

この時期、忘年会のお酒のことでお悩みの人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、忘年会でお酒を飲みたくない人必見、
忘年会でのお酒のこと、お酒の上手な断り方、お酒を飲まずにやり過ごす方法について調べてみました。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

お酒が苦手でも忘年会では飲むべき?

年末になると会社の忘年会でお酒を飲む機会も多くなります。

同じ部署で開催される会もあれば、同期入社のメンバーだけで行う会などもあり、回数も多くなりがちです。

しかしこういった場をすべての人が得意と思っているわけではありません。

お酒が苦手な人などは毎年忘年会を苦痛に感じていたりするものです。

ただし、頻繁に欠席する訳にもいきませんので、大人の対応ということで参加は欠かさないといった態度になっているわけです。

しかしこういう状況で参加しても面白くありませんので、お酒を飲まずにやり過ごすことも考えた方がベターです。

「お酒が苦手なのでウーロン茶お願いします」と堂々と最初に宣言してしまうと、案外界の途中でも無理にお酒をすすめられなくなるものです。

せっかく会費を払って参加するわけですから、食事くらいは美味しくいただきたいもので、そのために苦手なアルコールを避けるということは宣言しても十分大丈夫なことだといえます。

忘年会で相手を不快にさせない上手なお酒の断り方は?

忘年会では上司に何かと気を使うものです。

例えば顔を赤くしてほろ酔い気分の上司が近寄ってきて、「Aさん、いつも業務ご苦労さん。まあ一杯飲もうよ」と言われたような場合は、そのお酌をどうやって断ろうかと非常に悩むものです。

忘年会で上司の機嫌を損ねることもしたくないし、かといって苦手はアルコールを口にするのも気が進まないといったシチュエーションになると、この事態をどうやって乗り切るかが非常に悩ましく感じてしまいます。

しかし、こういった場合は正直にアルコールが苦手なことを上司に話すことがベターです。

「ありがとうございます。お気持ちは嬉しいんですが、私体質的にお酒が駄目なんですよ。でもウーロン茶でも十分楽しめてますし、ほんと今日は楽しいです」

といった断り方なら上司もそれ以上はお酒はすすめてこないはずです。

この場合、笑顔で話すことも上司に好かれるポイントとなります。

案外カミングアウトすることで悩みは消えるものです。

CHECK!>>二日酔い対策グッズ人気ランキング TOP30[楽天]

忘年会でお酒を飲まずにやり過ごす方法は?

忘年会では、体調のすぐれない日などは、お酒を飲まずにやり過ごしたい場合もあるでしょう。

また、次に日に朝早くから大事な会議等がある場合も、前日になるべく飲まないでおこうと考える人もいます。

こういう場合は、強い意志も必要になります。

「今日は絶対に飲まずにやり過ごす」と心に決めて参加し、一次会が終われば次会は断ってさっさと家に帰るのが得策と言えます。

サラリーマンなどの場合、飲み会の場というのはある程度定期的に設定されますので、毎回全力で参加するのではなく、自分の体調や素Kジュールに合わせて手抜き程度の間隔で参加する方が気が楽になります。

気の合う仲間同士での飲み会でない場合、何かと気を使いますので、毎回参加して周りの人に愛想を振る舞いていたら精神的に待たなくなってしまいます。

従って所属の部署の飲み会などでは、酒をちょっと口につけて飲んでいるふりをする日もあっていいのです。

忘年会の場よりも大事なのは、普段の業務態度の方です。


こんな副業ご存知ですか? 知ってる人はコソッとやってます!

働かなくても気楽に稼げる副業があるのをご存じですか?

それはご自宅でマイペースでのんびり気軽にできる副業なんですね。

もし興味があれば、こちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→【人数限定】無料メール講座のご登録はこちらから

興味がある方は、この機会を逃さずにチェックしておきましょう^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加