忘年会の二日酔い対策は?飲む前、飲んでる最中、飲んだ後

「忘年会の二日酔い対策、なにかいい方法はないかな。。」

この時期、忘年会の二日酔い対策のことでお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は忘年会の二日酔い対策でお悩みの方必見!

お酒を飲む前、飲んでいる最中、飲んだ後、

それぞれの場面でできる効果バツグンの二日酔い対策を調べてみました。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

忘年会の二日酔い対策!お酒を飲む前にできることは?

忘年会となると、つい飲みすぎてしまい二日酔いになってしまうことがあります。

会社によっては次の日も通常通り仕事だったりもします。

二日酔いにならないために飲む前に対策を十分とることが必要になるでしょう。

忘年会がはじまる前に準備出来ることとしてはお酒を飲む前に牛乳を飲んでおく方法があります。

牛乳を飲むことで胃の中に粘膜ができ上がり、アルコールの吸収を抑えてくれる働きがあります。

またアルコールを飲む前に牛乳を飲むことで肝臓機能の働きが高まることも実証されています。

またウコン入りのドリンクを飲んでおくなど、肝臓機能を高めてくれる成分が入ったドリンクを飲んでおくことで悪酔いしなくなります。

肝臓の新陳代謝が活発になるヘパリーゼが効果があると言われています。

お酒は空腹の状態で飲むことで、アルコールが急速に腸に流れアルコールの処理をする肝臓に大きな負担がかかります。

そうなるとアルコールの分解が追いつかなくなり体内にアルコールが残った状態が続き二日酔いの原因にもなります。

お酒を飲むのなら空腹状態を避けるようにしましょう。

忘年会の二日酔い対策!お酒を飲んでいる最中にできることは?

忘年会となるとお酌もありどんどんお酒が進むことで、酔いが早くなることもあります。

二日酔い対策としてはお酒を大量に摂取しないことが大切ですが、忘年会の場ではお酒の量を控えるといったことは難しいかも知れません。

酔いが早くまわってしまうことを避けるためには、短時間でお酒を大量に摂取しないことが大切です。

無理がない飲み方をするように心掛けます。

お酒を飲んでいる最中に悪酔いしなくなる食べ物を積極的に食べることで、次の日に酔いが残らなくすることもできます。

肝臓機能を高める成分のある食べ物を食べることで悪酔いしなくなるのですが、酔わなくなる食べ物には大根や豆腐、あさり、枝豆などが挙げられます。

ビールなどの発泡酒は、炭酸ガスが含まれていることで腸からアルコールが吸収されやすくなります。

忘年会の最初の乾杯はビールで交わすのでも良いですが、その後から焼酎などの発泡酒ではないものに切り替えていくと良いでしょう。

CHECK!>>二日酔い対策グッズ人気ランキング TOP30[楽天]

忘年会の二日酔い対策!お酒を飲んだ後にできることは?

忘年会の二日酔い対策は飲んだ後からもできます。

お酒を飲むことで体内でのアルコールが分解されるときに、水分がたくさん使われるので体内では水分不足がこる状態になります。

そこで不足した水分を補うために水やお湯を補給する対策が効果的です。

汗をたくさんかいた時の水分補給と同じく塩分や糖分を同時に摂取できるスポーツドリンクを飲むとより効果があります。

アルコールの分解が行われる肝臓の働きを助けるビタミンCを摂取するのも効果があります。

ビタミンCの含まれる飲み物を忘年会の後に飲むのが良く、ビタミンCが多く含まれたグレープフルーツ系の飲料が特に効果があります。

また、含まれている成分のひとつであるクエン酸が唾液や胃液の分泌を高めて、果糖がアルコールの分解を助けるという効果もあります。

お酒をよく飲んだ次の日はしっかり寝て睡眠をとることも対策のひとつです。

お酒を大量にとると寝づらいということもありますが、遅い時間まで飲むことは避けるようにしましょう。

日付が変わる頃までお酒を飲み続けないように心掛けるのが良いです。


こんな副業ご存知ですか? 知ってる人はコソッとやってます!

働かなくても気楽に稼げる副業があるのをご存じですか?

それはご自宅でマイペースでのんびり気軽にできる副業なんですね。

もし興味があれば、こちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→【人数限定】無料メール講座のご登録はこちらから

興味がある方は、この機会を逃さずにチェックしておきましょう^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加