忘年会の二日酔い防止法は?効果的な3つの方法をpick up

「忘年会で二日酔いになるのはイヤ!二日酔い防止に役立つ方法を知りたいんだけど・・」

この時期、忘年会の二日酔い防止のことで頭を悩ませている人も多いかもしれませんね。

そこで今回は、忘年会の二日酔い防止法をお探しの方必見、
翌朝スッキリで二日酔い防止に効果バツグンの方法を調べてみました。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

忘年会の二日酔い防止に有効な方法は?(方法その1)

忘年会の季節になると、まわりの雰囲気も手伝って、つい二日酔いになるほど飲み過ぎてしまうことがあります。

翌朝後悔しても遅いのですが、できれば避けたい二日酔い。防止する方法はあるのでしょうか。

どうして二日酔いになるのかといういうと、摂取したアルコールが肝臓でまずアセトアルデヒドという有害物質に分解され、次いで無害な酢酸になり、最終的に水と二酸化炭素になって排泄されます。

アルコールをとりすぎてこの処理が追いつかないと、毒性の強いアセトアルデヒドが体内に残ってしまい頭痛や嘔吐感などの症状がおきるのです。

そこで、基本的には自分の肝機能の限界を超えた量のお酒は飲まないというのが一番です。

また、体調不良や睡眠不足で万全でないときも、アルコールの分解能力の働きが悪くなるので、飲み過ぎは避けたほうが良いでしょう。

とはいっても、自分の体調に関係なく忘年会に参加しなくてはならないことや、楽しい雰囲気で適量をこえて飲んでしまう場面も少なくないと思います。

忘年会の二日酔い防止に有効な方法は?(方法その2)

そこで二日酔いを防止するために、忘年会に行く前にできる方法がいくつかあります。

まず大切なのは、胃が空っぽの状態で行かないということです。空腹の状態でアルコールを摂取してしまうと一気に吸収されてしまいます。

よく牛乳を飲んで胃に膜をはっておくと良いという話がありますが、これには医学的根拠はありません。

ただタンパク質は肝機能の働きをよくする効果があるので、まったく無駄というわけではありません。むしろ同じ乳製品ならチーズを食べておくと良いようです。

また、市販のドリンク剤などを飲んでおくのも良いでしょう。精神的に安心感が得られることもあります。

よくドリンク剤に使われているウコンのクルクミンという成分は、肝機能を活性化させアルコールの分解速度を上げてくれる効果があります。

ちなみにカレーに使われているターメリックはウコンのことなので、忘年会の日は昼間にカレーを食べておくというのも一つの方法かもしれません。

CHECK!>>二日酔い対策グッズ人気ランキング TOP30[楽天]

忘年会の二日酔い防止に有効な方法は?(方法その3)

いざ忘年会が始まったら、二日酔い防止のために飲み方や食べ方にも気をつけましょう。

海産物に含まれるタウリンは肝機能強化に一役買ってくれるので積極的に食べたい食品です。

ビタミンCは二日酔いの原因となるセトアルデヒドの分解を助けてくれるので野菜もたっぷり食べましょう。

薬味に大根おろしを使うのも良い方法です。

お酒を飲むときは必ずチェイサーを頼んで、できればお酒と同量の水を飲むのが望ましいです。

簡単なことでは、深呼吸することも効果があります。

アルコールは、尿や汗だけでなく呼吸によっても排泄されます。

二次会でカラオケに行くというのはどうでしょうか。

どんなに楽しくても、深夜まで飲み続けるのはやめましょう。翌日に確実に響きます。

忘年会のシーズンだからと、何日も飲み会が続くと肝臓が疲れて肝機能が弱まってしまいます。

何事も適量が大切です。自分の体と相談しながら休肝日もつくりつつ、楽しい時間を過ごせるようにしましょう。


こんな副業ご存知ですか? 知ってる人はコソッとやってます!

働かなくても気楽に稼げる副業があるのをご存じですか?

それはご自宅でマイペースでのんびり気軽にできる副業なんですね。

もし興味があれば、こちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→【人数限定】無料メール講座のご登録はこちらから

興味がある方は、この機会を逃さずにチェックしておきましょう^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加