お歳暮のマナー/贈る時期は?誰に贈ったらいい?贈り方は?

「お歳暮を贈らないといけないんだけど、お歳暮のマナーが分からない。。」

そんなお歳暮のマナーのことでお悩みの方のために今回は
お歳暮を贈る時期、誰に贈ったらいいのか、お歳暮の贈り方について調べてみました。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

お歳暮を贈る時期はいつ?

お歳暮は、日頃からお世話になっている人やご無沙汰している人にギフトを贈る習慣ですが、贈る時期を知っておきたいという人が増えています。

12月に入ったら、年末になると多忙になる人が多いため、12月の20日から12月の25日ぐらいまでに届くように配慮をしたいものです。

のしを付ける時は、蝶々結びを選ぶようにして、お歳暮と名前を書いてもらうようにしてください。

目上の人にはメッセージを添えるようにすると、丁寧な印象を持ってもらえます。

若い年代の人は、お歳暮を贈る時期を知りたいという人が多いので、知っておくといいでしょう。

相手の好みに合ったお菓子類やビールや日本酒、ワインなどのお酒や、日持ちのする缶詰やのり、コーヒー、紅茶などの食料品や嗜好品が人気が高いです。

夫婦で共働きのご家庭が増えていますが、留守の時に生ものなどが届くことがないように配慮をする必要があります。

実用的で喜んでもらえる商品を選んでください。

お歳暮は誰に贈ったらいいの?

お歳暮を誰に贈るか知りたいという人が多いですが、実家の両親や祖父母、叔父や叔母などの親族や、仲人、習い事の先生や恩師などに贈ることが多いです。

難しくは考える必要がなく、日頃からお世話になっている人や、なかなか会えない人に感謝の気持ちを伝えるために贈るようにすると良いでしょう。

会社の上司に贈りたいと考えている人も多いですが、会社ではお歳暮を贈るのを控えている場合があるので、きちんと確認を取っておく必要があります。

お歳暮の予算は、親しさの度合いによって多少の違いがありますが、5千円から1万円前後の商品を贈ることが多いです。

若い年代の人は中高年以降の年代に比べると、収入が少ないので、やや少ない金額でも失礼に当たることはありません。

お歳暮を事前に誰に贈るか決めておくと、予算を立てやすくなりますし、贈る相手の好む商品を選ぶことができます。

相手の好みがわからない場合は、実用的な商品を選ぶと失敗が少ないです。

お歳暮の贈り方はどうすればいいの?

お歳暮は、従来は自宅に訪問をして手渡しをするのがマナーになっていますが、現代は仕事を持たれている人が多く、時間が取れないという人が増えています。

現代はインターネット通販のお店を利用したり、デパートや百貨店から直接、宅急便を使って送られることがほとんどです。

商品と一緒に送り状を添えておくと、きちんとした印象を持ってもらえるので、目上の人に贈る時は必ず添えておくようにしましょう。

お歳暮の品物はなるべく日持ちのする商品を選ぶようにすると、家族の少ないご家庭でも喜んでもらえます。

お子様のおられるご家庭では、台所用洗剤や洗濯洗剤、シャンプーや入浴剤、肌触りの良いシーツやタオルなども喜んでもらえます。

以前と比べるとお歳暮の贈り方は変化していますが、宅配便を使っても失礼にはならないので安心して下さい。

現代はインターネットのお店を利用して、お歳暮の品物を購入している人が増えており、豊富な商品が揃っているので安心して利用できます。

もらって嬉しいお歳暮ギフトのNO1はカニ!?

お歳暮のギフトでもらって嬉しいのは、実はハムよりもカニなんだとか。。

カニといえば激安の訳ありカニが人気ですが
そこはやはりお歳暮ギフトなので、みなさん訳なしのカニを贈られていますね^^


こんな副業ご存知ですか? 知ってる人はコソッとやってます!

働かなくても気楽に稼げる副業があるのをご存じですか?

それはご自宅でマイペースでのんびり気軽にできる副業なんですね。

もし興味があれば、こちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→【人数限定】無料メール講座のご登録はこちらから

興味がある方は、この機会を逃さずにチェックしておきましょう^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加