お歳暮のマナー/お歳暮をもらったら?お返しは必要?出すのを忘れたら?

前回はお歳暮のマナーのことについて書きましたが
お歳暮マナーに関してはまだまだ疑問に感じることもあるのではないでしょうか。

そこで今回はお歳暮のマナー第2弾として

・お歳暮のお礼状の書き方は?
・お歳暮のお返しは必要なの?
・万が一お歳暮を贈り忘れたら

こんな時はどうすればいいのか調べてみました。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

頂いたお歳暮のお礼状はどうやって書けばいい?

今は宅配便でお歳暮を贈ることも多いですから、受け取ったならすぐに届いた旨を伝えて、お礼を言いましょう。

ごく親しい関係であれば、電話やメールで済ませてしまうことがありますが、やはり、マナーを重んじるならばこのような略式ではなく、お礼状を出すのが正式なマナーです。

では、お歳暮のお礼状の書き方はどんなことに気をつければいいのでしょうか。

正式なものは便せんに書くのが普通ですが、はがきでも問題ありません。

おおまかな文章の流れとしては、時候の挨拶に始まり、お歳暮をいただいたことへのお礼を述べ、最後は先方のご家族を気遣い、健康をお祈りする文言を入れます。

何より大切なのは気持ちを表現することです。

そもそもお歳暮とは、お世話になった方への感謝、今後ともよろしくお願いしますという意味が込められています。

堅苦しい言葉で固める必要はありませんが、自分の言葉で気持ちを伝えることができたらいいですよね。

もし、お礼が遅れた場合には、お詫びの言葉も忘れずにしたためておきましょう。

頂いたお歳暮のお返しは必要なの?

お礼状が必要なのはわかったけれど、お返しは必要なの、という疑問もわいてきますよね。

結論から言えば、お歳暮にお返しは不要です。ですが、せっかくいただいたのに、何もしないわけにはいかないと気になることもあるでしょう。

そのような場合には、いくつかのポイントに気をつけてお返しするようにしましょう。

まず、受け取ってから少し時期を空けるようにします。

そのため、表書きもお歳暮ではなく、「お年賀」や「寒中御見舞」とするといいでしょう。目上の人に贈るなら、

「寒中御伺」にするとより丁寧になります。

寒中御見舞の時期が過ぎてしまったなら、「お礼」や「感謝」とします。

しかし、時期をずらした方がいいとはいえ、あまり遅くならないように気をつけましょう。

この時、のし紙はお歳暮と同じく、紅白の水引で花結びのものを使用します。

金額としては、いただいた品物の半額を目安に贈りましょう。

相手が気の置けない友人や同僚であった場合は同程度でも構いませんが、高すぎると相手の負担になることもあります。

お歳暮を贈り忘れてしまった場合はどうすればいいの?

年末は何かと忙しいもの。お歳暮のことをすっかり失念していたり、手配が遅れて年内中に届けられないということもありますよね。

ですが、贈り忘れたからといって、必要以上に焦ることはありません。

まず「松の内」に間に合うのであれば、「お年賀」として贈りましょう。松の内は地方によってことなりますので確認してみてください。

それにも間に合わないとなれば「寒中御見舞」です。2月4日の立春ごろまでに贈ります。

できる限り忘れないようにしたいものですが、もし遅れてしまった場合でもこのようにカバーできますから、気がついたらなるべく早めに手配するようにしてください。

特定の相手に毎年お歳暮を贈っている場合、今年は届かないからどうしたんだろうと、先方にいらぬ心配をかけてしまうこともあります。

あらかじめ電話で「お年賀」や「寒中御見舞」として贈る旨を伝えておいたり、品物と一緒に手紙を添えて、年末に届けられなかったお詫びをするのもいいでしょう。

もちろん、その際には日頃の感謝を伝えることを忘れないでくださいね。

お歳暮で人気なのはカニ!?

実は、お歳暮でもらって嬉しいダントツ人気なのはカニなんです。

そしてカニのお歳暮の通販ならこちらが便利だと話題ですね^^


こんな副業ご存知ですか? 知ってる人はコソッとやってます!

働かなくても気楽に稼げる副業があるのをご存じですか?

それはご自宅でマイペースでのんびり気軽にできる副業なんですね。

もし興味があれば、こちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→【人数限定】無料メール講座のご登録はこちらから

興味がある方は、この機会を逃さずにチェックしておきましょう^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加