お歳暮は喪中の時どうする?喪中の時のマナー、喪中の人へのマナーは?

「喪中の時って、お歳暮はどうするの?贈っても大丈夫?」

自分が喪中の時、相手が喪中の時、お歳暮を贈っていいのか、もらっても大丈夫なのか・・
このような感じで、お歳暮と喪中に関して悩んでしまいますよね。

そこで今回は
喪中時のお歳暮はどうすればいいのかについて調べてみました。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

喪中の時にお歳暮は贈ってもいいの?

お歳暮は、お世話になった人へ一年間の感謝を込めて、その年の暮れに贈るものです。

ただ相手方が喪中の場合には贈ってもいいものか、ためらってしまいます。

お世話になった人に感謝の気持ちを伝えるものなのにお歳暮マナーからはずれるような失礼があってはいけませんし、身内を失った気持ちを考えると配慮が必要です。

また、自分が喪中の場合にも、贈ったほうがいいのか、それとも慎んだほうがいいのか、迷ってしまいます。

結論から言いますと、相手が喪中の場合も、あるいは自分がそうでも、どちらのケースとも贈って構いません。

喪中に控えなければならないのはお祝い事ですので、感謝の気持ちを伝えるお歳暮は贈っても大丈夫なのです。

ただ、いくつか気をつけなければならない点がありますから注意が必要です。

喪中というのはとてもデリケートな期間ですし、お歳暮マナーを守ることで感謝の気持ちが伝わりますから、きちんと確認しておくことが大事になります。

自分が喪中の時のお歳暮マナーは?

自分が喪中でも、感謝の気持ちを込めたお歳暮は基本的に贈っても構いません。

ただ、故人を亡くしてからあまりにも日が浅い場合は時期をずらしたほうがいいでしょう。

四十九日や五十祭を迎えるまでは贈り物はしないほうが良いと考える人もいるからです。

一般的に、12月に贈るのがお歳暮マナーですが、年が明けても「寒中見舞い」や「余寒見舞い」などと書くことで贈ることができます。

松の内の期間は通常なら「御年賀」として贈りますが、これはお祝い事に当たるので適当ではありませんし、時期としても相応しくありません。

また、通常なら熨斗に紅白の水引を蝶結びにしてかけますが、これもお祝い事を示しますので避けなければなりません。

水引をかけずに贈るといいでしょう。

また、シーズン中に贈れるという場合でも、鮭や昆布巻きなどお正月にちなんだ品物を選ぶのはやめておきましょう。

消耗品であるお茶や海苔、洗剤、食物油など、無難なものを選ぶと良いでしょう。

相手が喪中の時のお歳暮マナーは?

相手が喪中の場合は贈っても構わないのですが、やはり配慮が必要です。

相手が喪中の場合のお歳暮マナーとして、四十九日が明けるまで待ち、時期をずらして贈るといいでしょう。

熨斗や水引などお祝い事を示すものは避け、無地の短冊熨斗を選びます。

シーズン中に贈れそうなら「お歳暮」と表書きします。
それ以外なら、松の内に「御年賀」として贈るのは絶対に避け、「寒中見舞い」か「余寒見舞い」として贈ります。

「寒中見舞い」は1月7日から2月3日までの期間に用いる言葉です。それ以降は「余寒見舞い」とします。

こちらは明確な時期は決まっていませんが、寒さの残る時期を指す言葉ですので、2月4日から2月の終わりまでと考えておいて間違いはないと思います。

郵送ではなく持参する場合は、事前にきちんと連絡を入れ、またおめでたい言葉は使わずに挨拶をしましょう。

本来、郵送はやむをえずするもので、持参するのがお歳暮マナーですから、より気持ちが伝わります。

お歳暮ギフト、何を贈るかお悩みならカニがおすすめ!

お歳暮ギフトでダントツ人気なのがカニです。

「今年のお歳暮はどうしよう・・」

とお悩みでしたら、カニを贈ってみてはいかがでしょう^^


こんな副業ご存知ですか? 知ってる人はコソッとやってます!

働かなくても気楽に稼げる副業があるのをご存じですか?

それはご自宅でマイペースでのんびり気軽にできる副業なんですね。

もし興味があれば、こちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→【人数限定】無料メール講座のご登録はこちらから

興味がある方は、この機会を逃さずにチェックしておきましょう^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加