上司へお歳暮は何を贈ればいい?金額や品物、送り状は?

「会社の上司へお歳暮を贈りたいんだけど、まずは何をどうすればいいの?」

この時期、上司へのお歳暮のことで頭を悩ましている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は上司へお歳暮を贈る際の
お歳暮の金額や人気のお歳暮ギフト、送り状の書き方について調べてみました。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

上司へお歳暮、金額の相場はいくら?

お歳暮は年の終わりに「この一年間お世話になりました」というご挨拶と感謝の心をお伝えするために贈るもので、12月の初旬~20日あたりまでに送るのが一般的です。

お歳暮の金額相場は年齢や立場によって差がありますが、一般的には3000円から5000円が多いようです。

送り先は上司や習い事の先生、親・親戚から友人まで様々です。

しかしながら、目上の方にあたる上司については5000円(場合によってはそれ以上)と、一般よりも高いものを送るという方が多く見られます。

逆に習い事の先生や友人に対しては3000円~という方が多いようです。

ただし、あまりにも高額なお歳暮は却って失礼にあたるという考え方もありますので、必要以上に高級品にこだわる必要はありません。

お歳暮は飽くまでも感謝のご挨拶ですし、一度限りではなく毎年贈るものです。

金額にこだわるよりも、相手が喜んでくれそうな嗜好に合った物を吟味することの方が大切といえます。

上司へお歳暮、どんな品物が喜ばれる?

お歳暮は一度限りではなく毎年贈る物です。

また、上司の場合は自分以外の部下も贈ると想定すると、多数のお歳暮を受けることになりますので、嗜好に合い且つ扱いやすいものを選んだ方が良いでしょう。

一般的なお歳暮の品物としては商品券やビール券などの金券、お酒類、コーヒー、果物や肉類や魚介など産直生鮮品が多く、また、必ず使うであろう洗剤や調味料もメジャーな贈り物となっています。

お酒を飲まない上司に酒類やビール券をあげても処分に困りますし、また、夫婦二人暮らしの方で賞味期限の近い生ものを沢山頂いても食べきれずに困ってしまいます。

絶対に使う物とはいえ、何本もの油や醤油をもらっても2人暮らしでは使い切るのに年月を要しますので、その際はいろんな物が入った詰め合わせが無難です。

その上司またはご家族の生活スタイルを普段の会話から探り、好みに合った物、且つ他の人とかぶっても迷惑にならなそうな物を吟味すれば、喜んで受け取って頂けると思います。

上司へお歳暮、送り状はどのように書けばいい?

お歳暮を贈る場合は送り状を添えましょう。

内容は、季節のご挨拶、一年間お世話になったお礼、来年もよろしくお願いしますという気持ち、品物の内容、なぜそれを選んだか、到着予定日、そして上司(家族がいたら家族も)の健康と繁栄を願った気持ち、最後に署名を記します。

そして大事なことは、押しつけがましくならないような言葉と表現を選ぶことです。

具体的には以下の例文をご参照ください。

「拝啓 歳末の候、〇〇様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
本年一年、公私共に大変お気遣いを頂き、心より感謝致しております。
つきましては、日ごろのご厚情への感謝の気持ちとしまして、心ばかりですが□□を送らせて頂きました。お気に召して頂けましたら幸いです。
来年も変わらぬご厚情を賜りましたら大変嬉しく存じます。
最後となりましたが、例年になく寒さ厳しいこの冬となっております。どうぞ、お体ご自愛ください。敬具
(日付) ××(署名)」

上司へのお歳暮でお困りならご参考に

「上司へのお歳暮、何を贈ればいいのかわからない・・」

という方は、こちらの人気サイトの中から選んでみるのもいいかもしれませんね。

特選松阪牛専門店/やまと

愛媛みかん専門店/のま果樹園

北海道から産直通販/かにまみれ

お歳暮選びでお困りでしたらこういう方法もありますのでよかったらご参考に^^


こんな副業ご存知ですか? 知ってる人はコソッとやってます!

働かなくても気楽に稼げる副業があるのをご存じですか?

それはご自宅でマイペースでのんびり気軽にできる副業なんですね。

もし興味があれば、こちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→【人数限定】無料メール講座のご登録はこちらから

興味がある方は、この機会を逃さずにチェックしておきましょう^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加