取引先へお歳暮は何を贈ればいい?金額や品物、送り状は?

「取引先へお歳暮を贈りたいんだけど、どうしよう・・」

この時期、取引先へのお歳暮のことで頭を悩ましている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は取引先へお歳暮を贈る際の
お歳暮の金額や人気のお歳暮ギフト、送り状の書き方について調べてみました。


話題のセール情報をチェック!
↓ ↓ ↓

取引先へお歳暮、金額の相場はいくら?

普段お世話になっている取引先は、今後のビジネスも含めてとても大事にしたいものですよね。

このため、取引先へお世話になりましたということでお歳暮を贈ることもあるでしょう。
今後の取引のためにも、ぜひ考えたいものです。

この取引先へのお歳暮ですが、金額は大体相場通りの金額となる3000円から5000円程度が主流です。

他の取引先などにも贈るのならだいたいこのくらいの金額で同じくらいの価格帯のもので揃えるといいでしょう。

ただし、極端にお世話になったりご迷惑をかけたところなら、5000円から10000円程度の少し値の春物を贈ってもいいのかもしれません。
この辺りはそれぞれの感覚や考え方で行ってみるといいですね。

ちなみに国家公務員などの場合はこういったお歳暮などの贈答品を禁止しています。

また、一部の企業はこういったやり取りを禁止していることがありますので、あらかじめそのようなルールがあるのかどうか確認しておきましょう。

取引先へお歳暮、どんな品物が喜ばれる?

ちなみに、取引先へのお歳暮のお品物として喜ばれる物はいろいろなものがあります。

基本的に取引先が個人か企業か、チームかというような様々な観点から考えましょう。

企業や特定の部署、チームの場合、チーム内で分けることができるお菓子などが好まれます。
また、コーヒー、缶ジュース、お茶などもいいですね。

配慮したいこととしては、個人個人で分けられたり活用できるもの、冷蔵庫に保管する必要が無く常温で大丈夫なもの、手軽に食べられる・飲めるもの、日持ちするものがいいでしょう。

一方、もし個人宛に送るのならば、その人の好みによって贈るといいですね。

ビールが好きな方ならビール、名産品が好きな方なら名産品がいいでしょう。
グルメな方には特に喜んでもらえるかもしれません。

個人の場合は家族で消費することもありますので、ある程度家族で楽しめる品物のほうが嬉しいかもしれません。

ちなみに食品を取り扱う会社へ贈るのなら、品物は競合他社の製品はあらかじめ選択肢から除外しておきましょう。

取引先へお歳暮、送り状はどのように書けばいい?

送り状は取引先へお歳暮を贈る場合はとても大事です。

誰からの贈り物か、ということを確認するためにも、きちんとしたものを書いておきましょう。

とはいえ長く書く必要はありません。
日頃お世話になっているお礼と、今後とも宜しくという言葉だけを添えればいいのです。

また、送り状の場合はそれとなくさりげない文章にしておきましょう。
こちらがわざわざ送ってあげるんですよ、というような改まった押しつけがましいものではなく、サラリとした短い文章で構いません。

そして、送り状は一緒に届けるものではありません。
実はお歳暮よりも先にこちらの方で出しておき、お歳暮よりも先に届くように配慮しましょう。

大体の場合、手配した後にお店から宅配日時などについての連絡があるでしょうから、できればその前日までに送り状が取引先に届けばそれに越したことはありません。

もし遅れそうならば速達で出してもいいでしょう。

また、最近はメールで送る人もいます。

取引先へのお歳暮はこだわり商品で!

「取引先へのお歳暮、何を贈ったら喜んでもらえるだろう・・」

このようにお悩みでしたら
こちらの人気サイトからこだわりギフトを選んでみるのはいかがでしょう。

特選松阪牛専門店/やまと

愛媛みかん専門店/のま果樹園

北海道から産直通販/かにまみれ

取引先へのお歳暮ギフト選びでお悩みでしたら
こういった方法もありますのでよかったらご参考にしてくださいね^^


こんな副業ご存知ですか? 知ってる人はコソッとやってます!

働かなくても気楽に稼げる副業があるのをご存じですか?

それはご自宅でマイペースでのんびり気軽にできる副業なんですね。

もし興味があれば、こちらの無料メール講座でその方法を学ぶことができますよ。

→【人数限定】無料メール講座のご登録はこちらから

興味がある方は、この機会を逃さずにチェックしておきましょう^^
  • このエントリーをはてなブックマークに追加